09// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //11

転ばぬ先の杖 メゾンゴルフ(旧S&E sports)のゴルフクラブ

これでボールが打てちゃうの?ゴルフクラブとしての機能を享受できれば新たなステージがみえてくる クラブが創り出す不思議な境地 そんな扉を開けてみないか! 〒776-0010徳島県吉野川市鴨島町鴨島556-19 E-mail sandes@mxi.netwave.or.jpTe/Faxl(0883)36-9292 携帯090-1002-1035

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[]

trackback: --   本文: --   

page top△

調子 キックポイント


調子 キックポイント

先調子
中調子
元調子

一般にキックポイントと呼ばれるもので
シャフトの特性を表す一項目として使われます
この項目も各社規定がまちまちなところではありますが
実はそのこと以前に
このキックポイントとか調子という部分に
ものすごく偏ったイメージがあるのではないかと思うのです 


 
例えば シャフトの先を 0 お尻を 100 とした場合
それが均等にしなれば その位置は 50 ですから
そのシャフトは中調子となります
もう一方のシャフトは 30 と 80
この位置で均等にしなるとしますと 55
同じ基準で表示するとしますと こちらは 元調子 ということになります
確かに 間違いではありません

ですが このキックポイントってこんなイメージでしょ


img_1194014_31361064_2.jpg

さらに キックポイント用語には

先中調子
中元調子

という具合に その間を表す?ものまであります
そのことが 誇大妄想に拍車をかけているというか
その中間があるということは
その距離がかなり離れている印象を受けるんだと思います

ちなみに先ほどの例で上げた
50 と 55 中調子と元調子の違いは
4~5cmの差でしかありません
ですから その中間?にある中元調子は 2~2.5cmということになります
つまり…
中間近くのわずかな差を一生懸命語っているのです


なんだかな~って感じしません?
で、これもシャフトが動いてという前提での話です 

001_20111101224528.jpg

しかも 捩じってしまえば その効果など関係ないわけで
現状から考えると ほとんどが捩じる人用のクラブですから
当然ヘッドもシャフトを動かせるはずもない重量でしょうし…

これに なにか意味があるんでしょうか
ま、そう言ってしまうと元も子もないんで
あると仮定して進めましょう


数値上 そのシャフトが先調子だったとします
その先調子になる要件は 2つ あげられます

ひとつは 実質的にやわらかく作る場合
もうひとつは  手元や中間部を硬くしたために
結果的に先端にきてしまった場合


つまり 後者は相対的に見て先調子ということになりますから
フレックスも含めて選択を間違ってしまうと
(シャフトにプリントしてある表示以外では)
皆目判断のつかないものになってしまうでしょう


前後しますが やわらかく作った場合も
同時に中間なり手元なりを緩めて作った場合は
計測上 先調子 であっても
スウィング中 手元側 に感じることも多いのも事実です

ですから先調子だからなんでもかんでも 先端側がしなる
という一元的な認識だと
とんでもないことになってしまうのです

クリックに
 
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ用品へ 
ご協力くださいませ 
人気ブログランキングへ 
よろしくです
スポンサーサイト

category: クラブの構造・機能

[]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://sandesports.blog.fc2.com/tb.php/93-e53062f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。