05// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //07

転ばぬ先の杖 メゾンゴルフ(旧S&E sports)のゴルフクラブ

これでボールが打てちゃうの?ゴルフクラブとしての機能を享受できれば新たなステージがみえてくる クラブが創り出す不思議な境地 そんな扉を開けてみないか! 〒776-0010徳島県吉野川市鴨島町鴨島556-19 E-mail sandes@mxi.netwave.or.jpTe/Faxl(0883)36-9292 携帯090-1002-1035

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[]

trackback: --   本文: --   

page top△

重心高


重心高

一般にこれはフェースの下からフェース面上に投影した重心までの高さを指します
これに対し上から測ったものを重心高2、とか有効打点距離とか呼んでいます

shape1.gif

この重心高を考える(選ぶ)場合、
抵重心というものがひとつ合い言葉になっていますが、
ここでもう一つ選ぶ基準を加えておきましょう

抵重心率というものです
重心高/フェース厚(重心高+重心高2)
使いやすいところとしては 55~60% このあたりがいいでしょう


この重心高が与える影響としては スピン が大きなところです

飛びの条件として 低スピン であることがあげられますが
飛ばないと悩んでいる方の弾道は例外なく高スピンになっています

その対応としてこの重心高を低く設定することで低スピン化
を実現しようとしたのですが、それが過ぎてしまえば
その効果もうまく発揮することができなくなります
まるで上がらないドロップするような弾道になりやすいのです

343104-1.jpg


ここでちょっと質問です
この重心高に限ったことではありませんが、

正しく扱えた時にそれに見合う結果が出るクラブ

明らかに間違った動きの中でも それを弾道としては隠してくれるクラブ
そのどちらが 本人にとって有効・有益となるでしょう?

例えば、スウィングを変えずにスライスが無くなった としましょう
その時は魔法のようなクラブを手に入れたと思うかもしれませんが、
冷静に考えてみると本人はスライススウィングから
何も変わっていません
つまり間違った扱い方でボールが真っ直ぐ飛んでいるのです

ですが、そう割り切って認識しているのならまだしも
スウィングが良くなった もしくは この動きで正しい
そう思ってしまうから厄介なのです

ボールが真っ直ぐ飛んでいるのだからいいじゃないか と思うかもしれません
ですが、その現象は クラブに対しても スウィングに対しても 体に対しても
ねじ曲げて得た現象です
ねじ曲げているのですから どこかに必ず 歪み が発生します
表に現れるのは、ほとんどの場合 体の故障として出てきます
腰(背骨)や肩、ひどくなるとそれは 首 にまで及んできます
これも安易に考えている場合がほとんどでしょう
ですが本人が意識できる(痛み)ところにきた時点で
それは末期症状であることも知っておかなければなりません
知ったが仕舞い なんて言葉がありますが、
悲鳴を上げるまで対処しないというのはあまりにも無責任に感じます

やさしいクラブ(機能)とは
何に対して やさしい というのか考えてみましょう
 

クリックご協力くださいませ よろしくです
にほんブログ村 ゴルフブログへ 人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

category: クラブの構造・機能

[]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://sandesports.blog.fc2.com/tb.php/86-4b3369f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。