05// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //07

転ばぬ先の杖 メゾンゴルフ(旧S&E sports)のゴルフクラブ

これでボールが打てちゃうの?ゴルフクラブとしての機能を享受できれば新たなステージがみえてくる クラブが創り出す不思議な境地 そんな扉を開けてみないか! 〒776-0010徳島県吉野川市鴨島町鴨島556-19 E-mail sandes@mxi.netwave.or.jpTe/Faxl(0883)36-9292 携帯090-1002-1035

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[]

trackback: --   本文: --   

page top△

重心深度

重心深度

この項目もクラブ扱いによって大きな違いが出てきますが、
ここでは重心点が揃うということを前提に話を進めます
ですから相変わらずクラブを横に振り、シャフトを捩じっている場合は
このような現象はまず起こらないということを付け加えておきます


shape1.gif 


重心位置直列化の原理は重心深度も同じです

そのズレている構造に力が加わればその方向に揃おうとします
よくシャフトが進行方向前にしなっている画像を見かけますが、
それは横ビンタするように(俗に言うシャフトの走り)しなっているのではなく、
この重心深度が揃う、
つまり後方に位置している深度分前に出ることで起こる現象です

その動きによってインパクトロフトがつき
安定して打てるというのが重心深度の効果になります

地面から打つフェアウェイウッドは苦戦されている方が多いようですが
これはロフトが少なすぎることが原因のひとつです

この時のロフトとは表示ロフトではなく
実際影響を与えるインパクトロフトのこと
重心深度効果が得られなければ
高さの確保が難しいもののなってしまいますから

結果 自分で上げにいこうとします


スウィングでいうとアッパーにあおるような動きですが
高さ確保としては これは逆効果になってしまいます
この軌道は、インパクトロフトを減少させてしまう動きになるからです


詳しいことは割愛しますが、
インパクトロフトとは入射角度に対するロフトのことです
その入射角度が無くなってしまうと、
ティーアップしていい状況以外は地面にあるボールをさばくわけですから、
払うような打ち方だと常にダフりを考慮しながらの動きになります
インパクトイメージもかなりシビアになります

そのあるのか無いのかわからないぐらいの僅かなスペースに
ヘッドが着地出来ればいいですが、そう簡単にはいきません
で、もしうまく当ったとしても高さが十分ではありませんから

結果飛ばないことになってしまいます


もうひとつ
これはウチが推奨しているクラブ扱いによる場合です

重いヘッド プラス 柔らかいシャフト

の組み合わせで使って頂いている場合です
その扱い方だと、かなり早期の段階で重心深度が揃う形になりやすく
これは元々ロフトがついたクラブを使っている
ということにも繋がるのですが、そのことが逆により良い効果を生み出しています
ストロングロフトという設定が一般的な中、これも逆行するセッティング?ですけど

ロフトを増やしたにもかかわらず その方が飛ぶ

という世間一般から見れば意味不明な現象?かもしれません



クラブをお渡しするごとにロフトが増えていく

それがロフトと逆行するようにボールは強弾道になっていくという、

使っている本人にとっては不思議に感じることかもしれません


ですが、これも裏を返せば
これまでのクラブの扱い方のほうが 異常だった と言えなくもありません




クリックご協力くださいませ よろしくです

にほんブログ村 ゴルフブログへ 人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

category: クラブの構造・機能

[]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://sandesports.blog.fc2.com/tb.php/84-64344735
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。