09// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //11

転ばぬ先の杖 メゾンゴルフ(旧S&E sports)のゴルフクラブ

これでボールが打てちゃうの?ゴルフクラブとしての機能を享受できれば新たなステージがみえてくる クラブが創り出す不思議な境地 そんな扉を開けてみないか! 〒776-0010徳島県吉野川市鴨島町鴨島556-19 E-mail sandes@mxi.netwave.or.jpTe/Faxl(0883)36-9292 携帯090-1002-1035

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[]

trackback: --   本文: --   

page top△

重心距離

重心距離
これも出来る限り長めのものを選びたいのですが、
この項目はスウィングによって、クラブの扱い方によって評価が完全にわかれます
これはどこを指しているのかというと、
フェース面からの垂線と重心点を結んだ線
つまり重心点をフェース面上に投影した点と
シャフト軸線から伸びる垂線距離を表したのもです
言葉にすると少しややこしいですが、図で見てみるとこうなります
 
shape1.gif 
shape3.gif



ゴルフクラブ(ヘッド)は
シャフト軸線上に重心点が存在しない特殊な構造をしています
もう耳にタコ何個付いたでしょう
それでも お構いなく 続けます


スウィングの形態も相まってこの重心点をシャフトを軸として、
重心距離を半径とした円運動で動かすという誤解が蔓延しています

確かにこの図から想像すればそうなってしまうのも頷けますし
この重心距離分の回転がヘッドスピードアップにつながる?!
といった乱暴な説明もあるぐらいです


この位置関係を進行方向に対して動かす場合を考えてみましょう
この重心点は自分から見てボール側、
つまりシャフト軸よりも少し遠ざかったところ にあります
その距離はというと平均的なところでは38mm~40mm、約4cm程度です

L字型の形状をしたものを扱っているということなんですが、
通説として扱われている動きは、
このヘッドが左回転しながらボールとコンタクトする方法で、
俗に言うローテーションという動きです

この動きには否定的な方が多いのですが、
それは単に意識が 腕ではなく体 に代わっただけで
クラブ(ヘッド)自体の動きはなんら違いはありません


腕を使う意識がないことはいいことだ みたいな
これまた大きな誤解が、結局のところ
最大の手打ち
を招いてしまっているという現実があるにもかかわらず、
ヘッドがどのように動いているのかさえ想像さえ出来ない…
誰が とはここでは書けませんが、それこそ 思うつぼ です


ちょっと話がそれかかってきているので元に戻しましょう

この重心距離(点)を左方向へ動かそうとした場合
どのような作用になるのか?

進行方向に対して右にズレているこの重心点が
反対の右回転を誘発することは想像に容易いと思います
そしてその距離が長ければ長いほどその力(抵抗)は大きくなります
ある意味、スウィング中の動きなり力は、
クラブとのせめぎ合いに使われている
と思って間違いではありません
 
よくシャフトのトルクはいくつが合っているなんてのも耳にしますが、
それはこの動かし方の典型のパターンです
そのせめぎ合いは ねじる 動きですから

またそれてしまいますが、シャフトのトルクはこの動きの中で機能するもの
そう思っているとしたら それはただちに払拭して下さい !
その使い方では シャフトの効果は一生得られません
どんなに高価なものでも、どんなに良質な繊維を使おうと
何ひとつ変わりありません
極端な話 壊れさえしなければ何でもかまいません
結局 ただの棒 でしかありませんから

616_1_0-1.jpg

さらに深くみてみましょう
 
左回転に対して右回転するヘッド(重心点)を
なんとか取り戻せたとしましょう
その状態はアドレスで構えたそのヘッド姿勢に近いところですが、
その姿勢は運動中保たれるものでしょうか?
ここでは単に体と表現しますが、こちらは左回転を続けています
その動きに対して先ほどまではずっと抵坑を続けていた重心点ですが、
一端前に出られる状態
(重心点がL字の状態でシャフト軸線と揃った瞬間)
が出来てしまうと、
今度は急激に左回転を始めてしまいます
それも長いものの方が動きは大きいですから、
結果的にミスの度合いは大きくなるでしょう

しかしながら、その距離云々にかかわらず、
動きの質は長かろうと短かろうと全く同じものです


しかもこの動き 呑気に書いていますが、
ドライバーのインパクト時間は1/2000秒 0.005秒
時速にすると平均的なヘッドスピード40m/sですと時速140km そんな間のことです
その瞬間に目標とするヘッド姿勢でインパクトすれば
それはショットとしては確かに上手くいくかもしれません
ですが、その右回転から左回転するヘッド、

しかもスピードと重さ(遠心力)を伴った状態で
瞬間のさらにその一点を追求していく動き
がはたして
クラブが求めている動きなのでしょうか

sw1-4





お気づきかもしれませんが、
ここまでこの重心距離のメリットが何ひとつ出てきません
デメリットばかりになっています
この現象が、冒頭に言った 評価が分かれる ということです
扱い方次第でこの重心距離、ひいてはヘッド機能のほとんどを敵に回してしまうのです

じゃどうすればいいのか?

これは簡単です!
 
重心位置がL字にズレているからこうなってしまうのです
だったら この重心点をシャフト軸線の延長線上に揃うように扱えばいいのです
ま、扱うというよりは
ゴルフクラブが本来持っている機能を  あたり前  に使うだけのことですが 
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
クリックご協力くださいませ
スポンサーサイト

category: クラブの構造・機能

[]

page top△

コメント

グリップ交換ありがとうございました。新品は手触りが良好で快適です。
しかし、マスターが私のクラブを打つと見違えるような球が飛んでいきますね。
私には一生打てない球ですが少しでも近づきたいです。
グリップが痛まない握りかたがいいんですよね。
でも以前は一ヶ月で交換していた時期もありますから
今回半年以上というのはずいぶん持った方だと思います。

YK #/SzgmReE | URL | 2011/10/25 21:34 | edit

消耗します。

久しぶりの書き込みです。
社長には毎日会ってるんですけどね。

YK様もはじめましてです。
と言ってもこの間グリップ交換に起こしになったときに
私も練習してたんですけどね。

私も昔は右手の親指があたるところが、
よく傷んでいました。(そういえばグローブの親指の腹部分も
よく破れていたかなあ)
いずれにせよ
ねじったり、こすったりするとグリップも体も消耗が
激しいようです。
クラブを押す。イメージですよ。

エクスタシー #- | URL | 2011/10/25 23:50 | edit

新しいブログになって初めての書き込みです。
YK様初めまして。エクスタシ-さんこの前のラウンドどうでしたか?私は、またしても3パット地獄の92でした。

私も、右手の親指があたるところがよく傷みドライバ-なんかは、ささくれています。そして、クラブの使い方が悪く右上腕二頭筋から肩関節を負傷しています。テ-ピングで固定し練習しています。

YKさんがグリップ交換に来ていた時には練習していました。また、今後再会するときがある際はスイングを見ていろいろ指摘してください。

Dr コト- #- | URL | 2011/10/26 00:35 | edit

YKさま
こちらこそ ありがとうございました

久しぶりに拝見させていただきましたが
激重ウェッジもさることながら
あまり無理せず取り組んでいらっしゃるようで安心です

その日はあまり時間が無かったようで…
また ゆっくり遊びに来てください

S&E #- | URL | 2011/10/26 02:56 | edit

エクスタシーさん、Dr コトーさんはじめまして
皆さんいらしてたんですね。またお会いしましたらよろしくです。

このクラブは見た目振ってなくてそこそこ飛ぶというイメージのはずだったんですが
同伴者に以前より振ってるといわれたりします。
そんな具合ですからきっと捻りまくってグリップも傷むんですね。

YK #- | URL | 2011/10/26 05:32 | edit

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://sandesports.blog.fc2.com/tb.php/83-a19b788d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。