09// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //11

転ばぬ先の杖 メゾンゴルフ(旧S&E sports)のゴルフクラブ

これでボールが打てちゃうの?ゴルフクラブとしての機能を享受できれば新たなステージがみえてくる クラブが創り出す不思議な境地 そんな扉を開けてみないか! 〒776-0010徳島県吉野川市鴨島町鴨島556-19 E-mail sandes@mxi.netwave.or.jpTe/Faxl(0883)36-9292 携帯090-1002-1035

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[]

trackback: --   本文: --   

page top△

重いヘッド プラス やわらかいシャフト

ゴルフクラブを作るうえで基本コンセプトとしているのが
出来うるかぎり重いヘッド を使い
その重量負担分をシャフトで補ってあげるということです

009 (3)


破壊力の源となるのがヘッド重量
ですから可能な限り重くしたいのです
しかし、ヘッドだけ重くしてしまっては扱いづらいものになってしまいますし、
機能として備わっている構造も含めて使い切るためにシャフトを考慮しながらセッティングしているわけです

クラブに求める要求は人それぞれ違います

ですが、本来ゴルフクラブは体力に依存するものでもなく、まして重力に対抗するようなスピードを人間に求めているものではないと考えています
大きなお世話かもしれませんが、ゴルフクラブの仕事を人間が代わりに行っている動きを見ていると痛々しく感じます
そんなことしなくても 遠くの目標へボールを運ぶ ことは出来ると思うのです

ゴルフは年齢に関係なく楽しめる数少ないスポーツです

が、それも 飛ぶ という魅力を失ってしまえば魅力は半減してしまいます
現在主流のスウィング論は完全体力依存型です
ゴルフクラブも当然その流れで作られています
ですから裏を返せば
そのゴルフクラブを持てば体力勝負ということになるわけで、通い詰めるところは打ちっぱなし練習場ではなくトレーニングジムということになります?
それも健康維持というレベルではなく、ステロイド系が必要?なぐらいのもの
それを望んでいるというのならそれもひとつの判断ですから何も言う事はありません
個人の考えでやりたいようにやるのが趣味という世界です

逆に体力に依存せず、体に負担を与えることなくゴルフを楽しみたい
ヘッド重量効果・シャフト特性を効率よく使って飛ばす
そんな方法を身につけておくというのもひとつの選択です

ゴルフクラブの能力を最大限使えること
それが
人間の関節どおりに使うこと

につながりますからこれまで疑問に思っていたスウィングなんかのことも解消されるでしょうし、
また違った新たな境地でゴルフが見つめられるでしょう


若さだけで出来ているスウィングや意味の無いハードスペック論なんかに疲れてしまっている人も多いと思うんです
なんとなくおかしいと感じている人もいるでしょう

そんな疑問や悩みを ゴルフクラブから考えていくことで
これまであきらめてしまっていた 飛び という大きな魅力をもう一度取り戻してほしいのです

スポンサーサイト

category: ゴルフクラブ

[]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://sandesports.blog.fc2.com/tb.php/8-a5e724da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。