05// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //07

転ばぬ先の杖 メゾンゴルフ(旧S&E sports)のゴルフクラブ

これでボールが打てちゃうの?ゴルフクラブとしての機能を享受できれば新たなステージがみえてくる クラブが創り出す不思議な境地 そんな扉を開けてみないか! 〒776-0010徳島県吉野川市鴨島町鴨島556-19 E-mail sandes@mxi.netwave.or.jpTe/Faxl(0883)36-9292 携帯090-1002-1035

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[]

trackback: --   本文: --   

page top△

ボールのつぶれ

いきなりなんなのですけど…
「ボールがつぶれる感触って知ってます?」
「………」

sw1-2


ボールは基本ゴムで出来ています
クラブはドライバーにしろアイアンにしろ 金属製
どちらが硬いのかは明白です
両者が激突すればどちらがつぶれるのかも想像はつきます
なのにほとんどきょとんとされて何を言っているの?的な扱いです

そんなに変なこと言ってますか?

クラブにはロフト角度がついています
スウィング方向からするとボールに対して坂がついた状態です
最新のクラブを持っている イコール ロフトの立ったクラブを持っている
にもかかわらず ボールのつぶれ を実感しておらず
逆に古い(申し訳ありません)昔のクラブを使っている方と話があうことの方が結構多いのですから驚きです

ストロングロフトというのが流行りになって今や超ストロング
それがもはやスタンダードになろうとしていますが
その手のクラブをお持ちの方ほど ボールがこすれている という現実があって…
ロフト(坂)は絶壁になっているにもかかわらず…です

ロフトを立てて使う

ゴルフクラブを扱う上では非常に重要なことです
そう扱うのではなく クラブのロフト自体を 立ててしまう…
クラブ側で処理することで人間が行う動作が減り簡単になる
この発想は大好きですが、このロフト行為はあまりに単純すぎます
そのことに対する影響というものがまるで考慮されていません
現実問題としてボールのつぶれを体感している人もあまりいないようですし

ヘッド跡を見てもそれは明らかです
ボールとヘッドがうまくコンタクトした場合、ディンプルまで確認できるような跡がのこるのに、爪で引っ掻いたような、こすりつけたような跡になってしまっています
打った状況にもよるでしょうが、目標へ飛ばすためにはそうせざるを得ない
裏をかえせば つかまれば困ったことになる
というのが理由でしょう

さらに始末が悪いことに、その扱い方でかろうじて飛ぶのは8番アイアンぐらいまで
その証拠にバックの中にはユーティティークラブがわんさか入っているというのがパターンですから


よく飛ぶ8番アイアン?があって

みんなセットで買ったはずの5番アイアン(+6番アイアン)がお蔵入り…
枯葉も山のにぎわい?状態って…

これってみんな不思議に思わないのですかね



スポンサーサイト

category: クラブとスウィングの関係

[]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://sandesports.blog.fc2.com/tb.php/7-c1d5d362
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。