07// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //09

転ばぬ先の杖 メゾンゴルフ(旧S&E sports)のゴルフクラブ

これでボールが打てちゃうの?ゴルフクラブとしての機能を享受できれば新たなステージがみえてくる クラブが創り出す不思議な境地 そんな扉を開けてみないか! 〒776-0010徳島県吉野川市鴨島町鴨島556-19 E-mail sandes@mxi.netwave.or.jpTe/Faxl(0883)36-9292 携帯090-1002-1035

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[]

trackback: --   本文: --   

page top△

錯覚


スウィングを見させてもらっているとき
こちらが特に気を付けていることがあります

そのことをスウィングイメージとして持ってしまうと

生涯、クラブ扱いもわからず
クラブの違いも感じず
体力以外の飛距離は得られず
なお且つ体を痛めることを覚悟し遂行しなければならない
で、そこまでして行きつく結果は 単なる偶然 にしかならないからです
 
 


その動きには3つの円運動が出てきます
飛球線方向を基準にしてみますと
そのラインに沿ったもの(クラブ)と それに対して90度方向(ヘッド)
さらにスウィングには傾きがありますから
その動きに対して常に重力方向(クラブ全体)に力がかかります

しかもそれにはスピードがついています
スウィング中最も速いであろうその区間でのことです
それらの動きの中で クラブの目標とするポイントは1点
その複合運動体をどうやって管理しますか?
出来そうに感じますか ?


冷静に考えてみて下さい
止まった状態のアドレスでさえなかなか難儀なものでしょ
練習場ではあれこれ持ち出して向きをとり
パターとなるとボールのロゴを合わせ
プロのトーナメントを見ていてもキャディさんに確認してもらう行為が普通になっています

止まった状態で…ですよ
それを目視も出来ない
複雑に力が絡み合う状態のクラブ最大の重量物を
その1点に向けて整える
この作業にとてもじゃないですが正当性があるとは思えません


もう書く必要もないかもしれませんね
その持ってほしくないイメージ それは 振り子 です


みなさんのテークバックを大別すると2種類あります
(結果は同じようなものですが)

両肩とグリップ この三角形を崩さずに動かそうとするタイプ
一見すると体で動かしているように感じますが
これは肩甲骨を含む肩周りが動いているだけです
となると 自分の背中に 肩周りの回転と腰回りの回転
この2つの回転体になってしまいます
それも左サイドを引っ張る動きですから
浅いところでもうストップ
体が硬いのを理由にしたりしますけど
逆に正常な体であればそれが あたり前 なんです
それ以上いってしまうと 脱臼 が待っています
そいつは辛い!
ということで その代わりにまたどこか別の場所を捩じっていきますか


もうひとつは ヘッドを振る反動でトップまで持っていくタイプ
最終は似たような形に収まります
この右回転を誘発しているのは
まぎれもなくヘッド重量プラス重心位置の関係にあります
右にズレている重心位置をもつヘッドに 右回転を促せば容易に回転を始めます
それはとりもなおさず 腕も振っている ことにも繋がりますが
やっている本人は 腕(手)を使っている感覚は無いに等しいですから
「手を使わないことは いいことだ」みたいな理論?
が蔓延していますから これでいいと判断してしまうのでしょう

Paula-Creamer13_2.jpg

両者プロの写真 に近い形になりますから
これでダメ押し
なんの疑いもなくトップの完成とあいなります


このトップがこれから招く悲劇
そのことを誰も考えていないようです

スポンサーサイト

category: クラブとスウィングの関係

[]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://sandesports.blog.fc2.com/tb.php/69-71729fc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。