05// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //07

転ばぬ先の杖 メゾンゴルフ(旧S&E sports)のゴルフクラブ

これでボールが打てちゃうの?ゴルフクラブとしての機能を享受できれば新たなステージがみえてくる クラブが創り出す不思議な境地 そんな扉を開けてみないか! 〒776-0010徳島県吉野川市鴨島町鴨島556-19 E-mail sandes@mxi.netwave.or.jpTe/Faxl(0883)36-9292 携帯090-1002-1035

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[]

trackback: --   本文: --   

page top△

そんなに頼りないものなの?


ゴルフの大きな魅力
それは 飛ばすこと だと思ってる
それも 頑張らずに ね


頑張らない
これを 振らずに と置き換えてもらってもいい
振らずに飛ばす
一見すると相反することのように思えるこの言葉だけど
そんなに難しいことではないんだよ

地球上にいるこの環境で
クラブの形どおり あたり前 に使う
体もなにも特別なことを要求しているわけじゃない
関節の機能と方向どおり使えばそれでいい

01613470-1.jpg 
はずなんだけども…



ゴルフスウィング、ショットを見てて
ああカッコいいな~
そう思うのは
弾道と人間の動きの反比例感があるときだ

ゆったりとしたスウィング 余裕のあるスウィング
そしてまるで糸を引くようなライナー系の弾道
ま、こうなる時には当然体の使い方も出来ているから綺麗に映る

これは個人的な好みだけど
新体操とかヨガとかってあまり好きじゃない
雑技団みたいなのもあまり…確かにすごいなとは思うけど

よく見る 振りまわしてたまたま当って飛んだボール
そういうのにも魅力を感じない
あらん限りの力を振り絞って 体をねじくり倒して飛んでも…ね~
とても大人がやっていることだとは見えないんだよね


そこまでしないと飛ばない道具なのかな
ゴルフクラブっていうヤツは


ま、確かにロフト35度のドライバーで打ってちゃ そりゃ飛ばない…
そんなロフトのドライバーある訳ないじゃないか!
って怒るかもしれないけど
言ってるロフトは インパクトロフトのこと
実際ボールに影響を与えたロフトのことなんだ

持ってるドライバーのオリジナルのロフトは9度とか10度だと思うよ
ちょっと分かりにくいかもしれないけれど
打ったときに その9度なり10度の効果にならないと
意味が無いということが理解されていない

例えば 目標より左に出たボールってよく飛ぶでしょ
これがコースだと即OBだけど…
しかもその時の弾道はかなり低い

スウィングの仕方が腕を左右に、しかも速く動かして
体は行きつくとこまで開くというのがほとんどのケースだ
(ま、そうしなければならない状況、必然だけど)

imageCAN2A3DR_20110922040036.jpg

その状況で目標方向にボールを出すには
ヘッドをかなり開いた、つまりロフトを付けた(増やした)形にしなければならない
多かれ少なかれ クラブヘッドは上から入ってくる
これを入射角度というのだけれど これも計算の中には入っていないだろう


開いたクラブ、それもかなりの量上を向いたその状態で飛ばすってことになると
そりゃあ尋常では考えられないスピードを要求されるのは仕方ない
しかし、その時加えた力が推進力に分配されるのはどのぐらいあるのか
その姿勢からすると わずか であろうことは想像に容易い
スポンサーサイト

category: ゴルフクラブ

[]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://sandesports.blog.fc2.com/tb.php/66-564c0ea2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。