05// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //07

転ばぬ先の杖 メゾンゴルフ(旧S&E sports)のゴルフクラブ

これでボールが打てちゃうの?ゴルフクラブとしての機能を享受できれば新たなステージがみえてくる クラブが創り出す不思議な境地 そんな扉を開けてみないか! 〒776-0010徳島県吉野川市鴨島町鴨島556-19 E-mail sandes@mxi.netwave.or.jpTe/Faxl(0883)36-9292 携帯090-1002-1035

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[]

trackback: --   本文: --   

page top△

回転イス練習法 その2

体が向きを変える動きがなんとなくわかったところで
次に進んでいきましょう

スウィングの目的は回転スピードを与えること
一般的にはこれが 最重要課題 になっているのだと思います

そのヨコへのスピードが飛びを左右すると考えられていますが
それもどうなのでしょう?
確かに物理の法則からいけば間違いではありませんが
ちょっとそこには大きな、重要なエネルギー が抜けてしまっています
それは 重力 です


ゴルフショットはボールとヘッドの衝突によるものです
これも大きく勘違いされている部分なのですが
その 破壊力の源となるのはヘッド重量 なのです


ゴルフスウィングを ホントに簡単に説明すると
落下によるエネルギーにほんの少しの運動を加え
その力をボールの飛ぶ方向に向けてあげる
ただそれだけなんです


そのまま重力方向の動きだけではボールを地面に埋めてしまうことになります
ですから 体の向きを変える動きで変換 してあげているのです


では 腕の動きを説明します
よくある(ほとんど) 腕の形はこう ですね 
 
011 (2)

右腕は俗に言う 出前持ち これを 脇をしめる と呼ぶそうで…
(体温計ってるんじゃないんだから…)
左腕は出来るだけ伸ばす?
(それ、もう少しで亜脱臼ですよ…)
ま、どう考えても重力方向への動きではないことは確かです


スウィングは円運動
という大きな、ホント大きな呪縛から逃れられないこともあってこうなってしまうのですが、
ここではまず、腕による動きと体の向きを変える動き 
その 合成によってスウィングは成り立っている ことを知っていきましょう


腕の動き イメージするのは お餅つき をする動きです
すると両肘の高さが先ほどの動きに比べても違いは歴然
高さがほぼ揃った状態になります
その重力方向の動きに 練習した体の向きの変更を合わせたものが
スウィングとなります
ヨコへのスピード一辺倒と比較して
どちらの方が効率が良さそうでしょう 

009 (2)  


ヨコと簡単に言っていますが
水平に動かせるには 実際には上への力が必要です
スウィング中重力は等しくかかります
そこにはかなりのスピードも加わった状態です
その重力分上に力を加えないとたちまち地面と衝突してしまう
つまりダフるという結果になります


よく伸び上がるようにスウィングをしているのを見かけます
ひどくなると そっくりかえるようになってしまっている場合もあります
しかし、スウィングをしている本人はそうしたい訳ではありません
必然的にそうなってしまうのです
いくら注意されても なす術なし なのです
重力を的に回してしまった典型的な例です


重力を利用出来ると出来ないでは結果は大きく変わってしまうのは言うまでもありません
スポンサーサイト

category: スウィング

[]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://sandesports.blog.fc2.com/tb.php/61-3f3bbe20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。