09// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //11

転ばぬ先の杖 メゾンゴルフ(旧S&E sports)のゴルフクラブ

これでボールが打てちゃうの?ゴルフクラブとしての機能を享受できれば新たなステージがみえてくる クラブが創り出す不思議な境地 そんな扉を開けてみないか! 〒776-0010徳島県吉野川市鴨島町鴨島556-19 E-mail sandes@mxi.netwave.or.jpTe/Faxl(0883)36-9292 携帯090-1002-1035

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[]

trackback: --   本文: --   

page top△

回転イス練習法 その1


さて 上手にイスに座れているでしょうか?

回転イスを使った練習法ですが
今現在のスウィング方法だとすると
多分、固定イスの方が やりやすい かと思います

テークバック始動時はどこから動かしていますか?
おそらく 左肩(左腕) と答えてくれる方が圧倒的だと思います

その際 両肩を結ぶラインと腰(骨盤)との間には角度差をつくり
あまり腰を回さず 左肩をあごの下に持ってくるような動きになります

その時、角度差を受け持っているのは背骨です
俗に言う ねじれ を生んでいるのですが
それは腰が回転しない方がやりやすいですものね
その動きを踏まえてこれから説明する動きを試してみて下さい
そしてその違いを体感してみて下さい


まず深く腰をかけてもらったその骨盤(お尻)を
今度はそのまま前に持ってきて下さい

こんな感じです

008_20111002001616.jpg

その際、尾てい骨がイスにつかないように注意して下さい

ゴルフスウィングはテークバックで右を向き
ダウンからインパクトにかけて正面
そしてフォローで左を向きます


準備が出来ましたら足を使って向きを変えてみましょう
右へ左へ 自由に動いてみて下さい
簡単に向きは変わりますよね
その時にはねじれによる背骨への負担は感じないと思います
この練習は体をねじらず向きを変える動きを体感してもらうためのものです

010_20111002001816.jpg 
011.jpg

体を上半身、下半身とわけるとすると
お尻まで含めた部分、つまりイスに乗っかっている全てが上半身になります


ここに大きな誤解が生じていることは間違いの無い事実です
骨盤が向きを変えればそこから上のものはすべて同じように向きを変える
そうすることで体を捩じらずにスウィングすることが出来るのです

で、向きを変える原動力となるのが下半身 左右2本の足です
この2本あるというのがミソなんですが
ちょっと複雑に感じてしまうところがあるでしょうから
簡易的に体感してもらうためのツールが回転イスなんです

スウィングは下半身が重要 と言われる意味合いはここにあります


慣れてくれば 腕も添えてやってみるのもいいでしょう
その時も腕を振って回してしまうのではなくて
足を使って向きを変えるということが重要です
ほとんどの方の回転(ねじれ)はクラブを含めた腕を振ることで
結果的に動いているというのが正解のところでしょう
反動を受け止めていると言ってもいいかもしれません


どうです?
下半身が重要なことはわかっていても
実際試してみると
如何に上体(肩周り)だけでスウィングしていたことがよくわかるでしょう

これまでどれだけ負担をかけていたかもわかると思います
とかく キツイ動きが良い動き?
みないな誤解があたり前みたいになってしまっている部分が多数あります
それは取りも直さず 自らの破壊行為 だと早く気が付いてほしいものです









 
200810310002-spnavi_2008103100007_view.jpg

コブラツイスト
背中・脇腹・腰・肩・首筋を痛めつける技で、がっちりと決まると呼吸さえ苦しくなる

スポンサーサイト

category: スウィング

[]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://sandesports.blog.fc2.com/tb.php/60-7b71da42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。