09// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //11

転ばぬ先の杖 メゾンゴルフ(旧S&E sports)のゴルフクラブ

これでボールが打てちゃうの?ゴルフクラブとしての機能を享受できれば新たなステージがみえてくる クラブが創り出す不思議な境地 そんな扉を開けてみないか! 〒776-0010徳島県吉野川市鴨島町鴨島556-19 E-mail sandes@mxi.netwave.or.jpTe/Faxl(0883)36-9292 携帯090-1002-1035

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[]

trackback: --   本文: --   

page top△

振りやすい と 打ちやすい

何度も出てきますが
ゴルフは地面にあるボールを目標に運ぶゲームです
そのために距離と方向を両立できる形状をしています

単純に地面にあるものをさばく行為は人間にとっては難しいもの
勿論、人力だけであの距離を得ることも容易ではありません
限りなく不可能と考えて間違いないと思います

さらにその中で方向も管理しているのですから
ゴルフクラブのありがたさをつくづく感じている次第です

head.gif


さて今回は少し曖昧になってしまっている表現である

“振りやすいクラブ” と “打ちやすいクラブ”

この2つの違いにつて考えてみようと思います
どちらも同じ事だと思っている方も多いでしょうから



例えば、お二人から注文を頂いたとします
一方は“振りやすいクラブ”を
もう一方は“打ちやすいクラブ”を
これに対し何も言わず、何も聞かずに作れば(勿論実際には説明をしますが)

全く正反対のクラブができあがります

ひとつは、ヘッドが重くシャフトも柔らかめ、グリップもしっかりした重量級
もうひとつは、ヘッドが軽くシャフトは硬め、グリップは軽量級
(細かく言えばヘッド機能の差もあります)


その重量差、シャフトの硬度差は想像以上に大きくとりますから、
初めて持つ場合は少々面食らうかもしれません

この2つの言葉をそれぞれクラブの形にすると
あまりに異なるからです

振りやすいという言葉になるのは 
今のスウィングを阻害されないから ですけれども、
その振りやすさの半面、ゴルフクラブとしての役割はほとんど無く、
ある意味自分の代わりにボールに当ってくれているだけのことです
それでも自分にあたるととてつもなく痛いですからありがたいといえばありがたい


013.jpg


一方打ちやすいクラブとは
地面にあるボールをさばく困難さをクラブ機能で補ってくれる
打つことに対する労力をクラブ側で受け持ってくれているという表現です
ウチではボール拾い機能と呼んでいる
(その高さにあるボールにヘッドが届く)
のもその“打ちやすさ”のひとつになります
(シャフトが動かなければどうにもなりません)
ヘッド重量もしっかりかかっていますから
破壊力は言うまでもありませんしね


“振りやすい”を安易に飛ぶ
と考えてしまうと、ちょっと思惑からはずれてしまうことになるかもしれません
 
sw1-4

スポンサーサイト

category: ゴルフクラブ

[]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://sandesports.blog.fc2.com/tb.php/50-15ddd940
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。