05// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //07

転ばぬ先の杖 メゾンゴルフ(旧S&E sports)のゴルフクラブ

これでボールが打てちゃうの?ゴルフクラブとしての機能を享受できれば新たなステージがみえてくる クラブが創り出す不思議な境地 そんな扉を開けてみないか! 〒776-0010徳島県吉野川市鴨島町鴨島556-19 E-mail sandes@mxi.netwave.or.jpTe/Faxl(0883)36-9292 携帯090-1002-1035

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[]

trackback: --   本文: --   

page top△

骨盤を考える その2

昨日の続きですが、骨格上、正しく向きを変えることが出来れば、
上体の重さは右に向いた時は右股関節の上、
左を向けば左股関節の上に乗ります
背骨は 背 にありますからね

つまり体の向きの変更と体重移動とはセットで成り立つもので、
本来別々に論じること自体がおかしな話なのです

「腰」 正確には骨盤ですが、我々日本人にとってこの腰にまつわる表現は沢山あります
「脇」にもそれは言えることですが、それはまた次の機会にしまして、その理由はそれだけ体の部分として重要視していたということでしょう

文字どおり “要” になる骨格です、いやなるはず、いやならなければならない
この骨盤
これがゴルフ用語になると 体をバラバラにする方法 に変わるから不思議です

“腰を切れ!”
“下半身を先行させろ!”

なんともカッコよく聞こえるのかもしれませんが
どちらも言い換えれば “最悪の手打ち” という結果を招きます
普通に考えて、先に腰だけが動けば取り残された胸とか肩はどうするのですか?

捩じり戻りを使う なんて恐ろしい用語もあるようですけど
人間にバネとかコイル機能はどこにも存在しません
クラブも含め、その重さを何で賄うのでしょう
その中で最後になってしまうのはどの部分でしょう
ちょっと考えればわかることですね

俗世imageCAN2A3DR_20110922040036.jpg間理論によるとですね
この向きの変更を 背骨の捩じり で行うようで
つい先日もシングルハンディの方に注意と指導を受けました
テークバックは左肩を入れることで行うんだ
そのとき腰 があまり動かないようにすることでパワーがたまる
さらに
切り返しは腰から始め(切るように)
トップで出来た角度差をさらに強調するようにすることでスピードに繋がる
のだそうです
死んでも真似したくありません
っていうかホントにまずい



「腰で打て」
この本当の意味を理解していない人達での伝言ゲームのようです
「手打ち」
もそう
腕を使ってはいけないようになってしまっていますが、
これも完全な誤解です

やっと腕が出てきたかと思えば「左手リード」
余程利き腕である存在を否定したいのか、
その部分を使わないことが上級者の証なのかどうかは全くわかりませんが、

ウチでは利き腕はがっつり使ってもらいます

利き腕以外でボール投げられますか?
もし投げられても利き腕には遠く及ばないのではありませんか?




あ、投げるのとゴルフは違いますものね
…関係ないですか…
それは失礼しました

スポンサーサイト

category: 人間の骨格構造

[]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://sandesports.blog.fc2.com/tb.php/45-d3ec52b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。