09// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //11

転ばぬ先の杖 メゾンゴルフ(旧S&E sports)のゴルフクラブ

これでボールが打てちゃうの?ゴルフクラブとしての機能を享受できれば新たなステージがみえてくる クラブが創り出す不思議な境地 そんな扉を開けてみないか! 〒776-0010徳島県吉野川市鴨島町鴨島556-19 E-mail sandes@mxi.netwave.or.jpTe/Faxl(0883)36-9292 携帯090-1002-1035

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[]

trackback: --   本文: --   

page top△

骨盤を考える その1


ウチが採用している 人間が体の向きを変える動き をご紹介します

スウィングはトップでは体は右を向いており、フォローでは反対の左を向いています

これを間違っても捻転とは呼ばず、
回転は微妙なので出来るだけ使わず、
向きの変更と呼ぶことにしています

ゴルフに使われる用語は特に誤解を生みやすいという側面を持っていますから、
そうならないよう気をつけているつもりですが
もし疑問や質問があればいつでもご連絡ください

sandes@mxi.netwave.or.jp

まず意識してもらっているのは
肩を結ぶラインと骨盤のラインにズレが生じないようにすること
お尻まで含めた上体が一枚板のようなイメージです
その際重要なのが股関節になります

この股関節は他の関節とは違って、形がボール状をしています
骨盤にそのボールの先が収まっている状態で、
その動きは唯一回転を可能にする関節です

しかもその周りには大腿四頭筋や大殿筋といった大きな筋肉で覆われています
そこで骨盤の向きを変えれば、
そこから上に乗っかっている 全ての部分も向きを変える
ことになりますから、トップへきた時点でも骨盤と肩に角度差が生じないのです


右を向きたければ右の股関節         左を向きたければ左の股関節

kokansetu.gif  


この2か所存在するところと、その両者に距離が存在すること
それに加え、背骨がその真上になく、左右・前後とも少しオフセットされた位置にあるということ
がスウィングを悩ます原因なのかもしれませんが、
裏を返せばそのことは 人間が最も有効に運動出来るという進化の現れ でもあるということなのです

物体が回転するには軸の存在が不可欠です
背骨は文字通り  にあります
そこから下を見ても土台となる股関節は存在しません
その 位置関係を理解する ことが先決事項になるかもしれません

想像してみましょう
人間ドックなんかで説明してくれるあのMRI、輪切りにされた画像です
背骨は何度も申し訳ないですが 背 後方にあり、
股関節はそれよりも前 さらに左右に分かれて存在します
自分から見ると 逆三角形に配置されている構造だということです

その当たり前に思っている構造も、
いざスウィングとなると忘れてしまっていませんか?

特に背骨の位置、これが真ん中にあるように使い、
ひどくなると背骨が前にあると勘違いしているスウィングをよく見かけます

スウィングによる体重移動は是か非かなんて論議になっている場合は要注意

それはどちらも間違っていることを意味します 

014_20110922225016.jpg 
 


スポンサーサイト

category: 人間の骨格構造

[]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://sandesports.blog.fc2.com/tb.php/44-6972b80d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。