05// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //07

転ばぬ先の杖 メゾンゴルフ(旧S&E sports)のゴルフクラブ

これでボールが打てちゃうの?ゴルフクラブとしての機能を享受できれば新たなステージがみえてくる クラブが創り出す不思議な境地 そんな扉を開けてみないか! 〒776-0010徳島県吉野川市鴨島町鴨島556-19 E-mail sandes@mxi.netwave.or.jpTe/Faxl(0883)36-9292 携帯090-1002-1035

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[]

trackback: --   本文: --   

page top△

何故 こんなに復興が遅れているのか


東北地方ならびに和歌山、名古屋など
台風による被災された方々へ、
ココロよりお見舞い申し上げます。

まだ 台風による雨での河川等の増水により
危険が多く残っていますので 十分お気を付けください。
 
また、週末現地和歌山へ行かれる方々
この台風でさらに状況が悪化しているものと思われます
くれぐれもお気を付け下さい

よろしくお願いいたします
また
ありがとうございます

IMG_1936.jpg

東日本大震災の復興が殆ど進んでいない。

とりあえず 私は3月11日から今日までの
国会での 本会議、各予算会議の
すべての映像を見てみました。

http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1543478.html

幾つか要約しますと
茨城、千葉 等を含めた 被災6県全体で
約3万社の中小企業、個人事業主
合わせて 約36万人の経営者、雇用者に
とって、これから 事業再開、生活をしていく上
失ってしまった工場、事務所、機器などの
借金、リースなど が残っていることが
事業再開への足枷となっています。

事業再開をすれば 殆どのモノが
二重債務になってしまい、融資も受けられない
返せない というのが現地の現状です。

その為に 多くの人が故郷を離れなければならない
現状が目の前に近づいています。


失業保険等の手当ても あと一か月超で
終わってしまいます。

自治体の臨時職員の仕事も各地で
「予算不足」の為、終わってしまっています。


超党派(除く民主党)で出されました
株式会社東日本大震災事業再建機構法案
と言うモノが成立すると
多岐に渡り 従来債務が免除や買い取りが
行われ、事業再開の目途が立つ のです。

が、しかし5月中旬の時点で
財源の含めかなり具体的に固まっている この法案を
「財源が立たない」などのはっきりしない理由で
参議院で拒み続け、震災より5か月以上経った
8月25日 初めて 衆議院で審議のテーブルに
のりました。 やっとです。

どう考えても 6月の時点では
決まっていておかしくない程
細部まで構築されているのですが…


震災復興特別委員会だけでなく
本会議、予算委員会、特別予算委員会の中でも
この「二重債務」問題は数多く取り上げられましたが
まるで 取り組む意志が初めから無いかの如く 
対応を 民主党は続けてきています。

各委員会散会時、次までに検討、研究しておく
との約束があっても、次の会の時には
まるで その話が初めてのような討議が
 毎度 毎度 行われます

次に 被災各県よりあがっています
ガレキ撤去、処理費用の拠出に関しても
8月初頭の時点で 要求額の1%にも満たない
金額しか 提供出来ていません。

この答弁も何度も出てくるのですが
いつも いつも いつも いつも
「善処する」「一生懸命職務を遂行する」
で答弁は終わり、数えてみただけで
4回も同じ 質疑 質問 答弁の繰り返しです。
現在も 殆どが進展しておりません。


次に こちらも超党派からの要請で
被災5県では 9月初頭の時点でも
公的な病院等、医療機関が
 140カ所も機能していない
そちらに予算を回せないのか
との質疑応答も まったく同じ答え です

3bef0b4b.jpg

そして あまり書きたくないのですが
多分 皆さん 知らない と思われるので
書きますが…

すでに 民主党首脳部、閣僚と
いくつかの被災地の県とでは
現地の漁業権を 大手企業・・・
しかも 国籍を問わず 大手企業に渡す
話し合いがされています。


被災地の県は 予算で「兵糧攻め」に
あっていますから 現内閣の意向を
無視する訳には行かないのでしょう。

ですから あの松本元大臣の
発言も この案件に絡むモノなのです。

その方策は 一切
国会では話し合われていません。
民主党、もしくは内閣の独断で
事後報告の形で国会で暴かれています。


宮城県とは既に数回も会合がもたれ
地元の各漁協とは一切関係なく
各浜にある自治会とも一切関係なく
ある程度の金額で(公表されていませんが)
漁業権を地元の人ではなく
多国籍企業に売り渡す話し合いが
進んでいます。

また その答弁の様子を見ていると
被害を受け 港が壊されている浜
船を失ってしまったり、加工場を失って
しまっている個別の案件について
一切関知しない と言う姿勢を貫いています。

同時に 今回の訪米では
TPPも確約も噂されています。

これにより 農業だけでなく 漁業も
かなり 大打撃を受けるのは
間違いないと思うのです。

被災地の事業者の二重ローン対策を
拒否し続け

被災地からのガレキ撤去等の費用要請を
無視し続け

医療施設に関して 一切関知せず

被災地の人口の流出も関知せず

それらをネタに
被災地の自治体を半ば恐喝し
被災地の漁業権を
多国籍企業に売りつけ
挙句、自由貿易を行い
自国の産業に打撃を加える

皆さんはどう感じますか…
私はそう感じます。

わたしもそう感じます
S&E sports 河崎佳孝
スポンサーサイト

category: 東日本大震災

[]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://sandesports.blog.fc2.com/tb.php/42-d6c89c22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。