05// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //07

転ばぬ先の杖 メゾンゴルフ(旧S&E sports)のゴルフクラブ

これでボールが打てちゃうの?ゴルフクラブとしての機能を享受できれば新たなステージがみえてくる クラブが創り出す不思議な境地 そんな扉を開けてみないか! 〒776-0010徳島県吉野川市鴨島町鴨島556-19 E-mail sandes@mxi.netwave.or.jpTe/Faxl(0883)36-9292 携帯090-1002-1035

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[]

trackback: --   本文: --   

page top△

パター


golf-course2.jpg

ボールがカップに吸い込まれていく瞬間
それはゴルフの醍醐味の大きなひとつに違いありません

グリーン上で不思議に感じたことがありませんでしょうか。
出だしの感じではかなりショートと思ったボールが
止まるわけでもなくいつまでも転がっている…

ボールを打ち出した初速とカップ付近の終速がほとんど同じ?
また、切れるはずのラインが切れない?
カップ際、そこはスライスのはずなのに…


パッティングするのにラインを膨らますより
直線で狙う方が確率が高いのは言うまでもありません。
ましてショートパットになればなおさらのことで、
少しのラインをあれこれ考えず、ど真ん中に狙って行けばいいのですから
余計な悩みは解消、あれこれ考えずに済みます。

誤解を抱かないように先に付け加えておきますが、
ただ強く打て!と言っているのではありません。
それでは入れる距離よりも返しの距離の方が上回ってしまう悲しい現実が待っています。


ちょっとパターの弾道(転がり)というメカニズムを見てみましょう

パターも他のショットもなんら違いはありません。
こう言うと大変驚かれますが ほとんどの場合パターは別物、そういう認識なんだと思います。
実際パターと同様にショットが出来ている、逆にショットと同じようにパターが出来ている人は限りなくゼロに近い確率でしょう。これは他のクラブについても言えることで、ドライバーからウェッジまで、これも同じように打てていないと感じますがどうですか?もっと区切ってウッドとアイアン、ドライバーとフェアウェイウッド、アイアンとウェッジ、まだダメ?5番アイアンと9番アイアン…

ゴルフバックに入っているのは まぎれもなくご自分のクラブですよね…
重たいし嵩張るにもかかわらず、14本を持ち歩くのは統一したスウィングで距離を打ち分けるためというのが大きな理由のひとつです。にもかかわらず、同じように打てていないという現実があって、それがあまり疑問視されていないというのも不思議におもいます。もし、何種類もスウィングを作りたい、持つクラブに対してスウィングを変えて打つことを目的としているのなら何も言う事はありませんが。

009.jpg


回転数 イコール 距離?

ショットに限らずパターもボールとヘッドの衝突によって打ち出されますが、ボールに起こっている現象はちょっとイメージと違うかもしれません。ボールは打ち出された瞬間前に行こうとする力、推進力によって動き出します。スキッドと呼ばれる無回転状態です。そこから芝の抵抗も相まって回転を始めるのです。
よく見かけるのがボールにいきなり順回転をかけようとするパターの動きですが、これは明らかに力の伝達方法としては効率が悪いだけでなく、その動きそのものはフェースで打とうとしているのではなくて、良くてリーディングエッジ、そのままだとソールで打つ動かし方になってしまいます。パターにもロフトがありますし、ライ角も存在します。真っ直ぐ引くことばかりに気を取られているせいか上下に円を描いていることに気がついていないのです。


重量によるストロークの安定

パターの重量、とりわけヘッド重量の効果を試してみましょう。
クラブはすべて地面にあるボールに対して作られています。つまり重力方向への動きに対して考えられた構造をしているということです。重力圏にいる以上慣性の法則がついてまわります。これは絶対に避けて通ることができない力なのですから、発想を変えて抵抗するのではなく逆に利用する側に回った方が得策だとは思いませんか?何度も言うように地面にある物に対して上から動いているのですから。


カップに加速しながら入る?

これはあくまでイメージというか感じの域を出ないのですが、正しく打てた時にはなぜかボールがカップに落ちていくというよりはボールがカップに自分で入っていく?ような印象を受けます。(あくまで感じ…です)
カップ際になって傾斜や芝目に負けて切れてしまう事があります。ボールに力が無くなることで抵抗に負けてしまいそうなってしまうのですが、重量級パターの特性としてカップ際で伸びる、ラインを読みすぎるとそのまま抜けてしまうことがたびたび起こります。ボールが回転によって前に前に行こうとする、結果少しの芝目の影響など受けずに直進運動し続ける、そんな感じです。現実には後半にボールの威力が上がることは考えられません。ですが、前半は推進力で進み、その力が弱まれば次は回転に変わってというふうに配分が上手くいっているせいかカップ際に強い、そんな印象になるのです。

俗に言う重い球、そんな体験をまずパターで味わってみてほしい!そう思います。

pt-sb1-long-3.jpg 
スポンサーサイト

category: ゴルフクラブ

[]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://sandesports.blog.fc2.com/tb.php/41-da4222fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。