05// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //07

転ばぬ先の杖 メゾンゴルフ(旧S&E sports)のゴルフクラブ

これでボールが打てちゃうの?ゴルフクラブとしての機能を享受できれば新たなステージがみえてくる クラブが創り出す不思議な境地 そんな扉を開けてみないか! 〒776-0010徳島県吉野川市鴨島町鴨島556-19 E-mail sandes@mxi.netwave.or.jpTe/Faxl(0883)36-9292 携帯090-1002-1035

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[]

trackback: --   本文: --   

page top△

直線に見えている…のかもしれない


振り子 フリコ ふりこ…

意識しているかどうかはわかりませんが
そうなっているという現実だけは間違いのないことです

自分の視界からは真っ直ぐ動いているように見える!
のかもしれませんが、横で見ている私には相変わらず催眠術です… 

 

この動かし方は大きな円が2つあるということを知っておきましょう
まずはご存知
パッティングライン方向に存在する円ですが、
この円はパターの場合
誰もが忌み嫌う円で
真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出す が基本 のようです


再確認ですが…

円 はイヤなんですよね 方向くるっちゃうんですよね


もうひとつの円
クラブが上下する関係上 重力方向に円
が出来るのです

まさしく 振り子 の動きですから目標達成!なのかもしれませんが
その目指すその円がどういうことになっているのか見ていきましょう
(こだわっているヨコの円よりも、はるかにこっちの方が重要だったりするんですよ)

ba6f8f6c-1.gif

パッティングで大事なのはまず距離管理です
ボールの強さとも言えますが
この距離が合っていないとラインも合うはずもありません

で、その力を担っているのがこの重力方向の動きです

ボールを運ぶ力はヘッドの上下運動によって作られます
つまりヘッドが落ちる際の力 重力方向の動きによって決まります

今、この重力方向に円を書いているような動きでヒットしているのですが
パターには面がありその面にはロフトが存在しています
クラブ(パター)には望んでいる姿勢というものがあり
それ以外の姿勢では機能も発揮しづらいわけですが


円を描くということはその姿勢が
常に変化しているということになるのです


面がくるうという認識から円を描くことはいけないこと
そう思っているはずなのに距離に対する円は寛容というか
まったく疑問を感じていないというか…
(振り子 ですからこれでいいのか…)


横で見させて頂いておりますと…ですね

面で打ちたいのか
はたまた(リーディングエッジ)で打ちたいのか
極端な話 (ソール)で打ちたいのか

わからんわけですよ
円 ですからクラブの望む姿勢は1点しかないわけで
円 ですから無数の点の集合体なわけで…

飛ぶ時 と 飛ばない時
パターですから
よく転がる時 と そうでない時
その繰り返しになってしまうと思うんですね

距離が違えばラインも変わるんですから
ライン(向き)のミスというよりは
距離のミスが結果向きのミスになっちゃってる
というのが正しいところではないですか


このあたりがクラブ扱いの重要なポイントじゃあないですかね
スポンサーサイト

category: クラブとスウィングの関係

[]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://sandesports.blog.fc2.com/tb.php/39-7d315f8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。