05// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //07

転ばぬ先の杖 メゾンゴルフ(旧S&E sports)のゴルフクラブ

これでボールが打てちゃうの?ゴルフクラブとしての機能を享受できれば新たなステージがみえてくる クラブが創り出す不思議な境地 そんな扉を開けてみないか! 〒776-0010徳島県吉野川市鴨島町鴨島556-19 E-mail sandes@mxi.netwave.or.jpTe/Faxl(0883)36-9292 携帯090-1002-1035

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[]

trackback: --   本文: --   

page top△

肘と体の関係


<確認事項 その3 右肘の位置を確認せよ>

これも大事な要素だね 肘と体の関係
アドレス時にはおおむね伸びていた肘がトップ時では曲がっている
そして ほぼ体にくっ付いていた肘が 体の外側へと移動している

体の向きの変更と同時進行で肘が動く
そして 集合場所へは同時に到着する

それが まず大きな課題となります 




傾向としましては 右肘がこうなってしまう方が多いようです

スナップショット 3 (2012-05-06 23-27) 
スナップショット 5 (2012-05-06 23-28)

肘の位置は体の厚み方向(背中側)に向かうのではなく 体の幅方向
ですから 肩のラインと高さが違うだけで同列になります


こうなってしまうひとつの原因に 錯覚 というのがあるように思います
アドレス時とトップ時の形を比較すると 位置関係としては肘が背後に回ったように見えます
ですが これは体の向きが変化したから であってその向き変更分を除くと肘自体の動きはそう多くなくある意味横へ張り出したにすぎないのです

しかし 体の向き自体が十分でないとすると 思惑の位置へ右肘はきません
もし その十分ではない向きに対して肘が正しい位置だとすると 30~45度程度不足するはずなのですが ほとんどの場合 肘というか腕の動きは十分 いや十二分に動いています

もうおわかりかとは思いますが その不足を補っているのは肩(肩甲骨)周りのねじれに他なりません
右肩は背中側に動き 左肩はお腹(胸)側に出てきます
その時は結構な充実感が体にありますから しっかり回せている みたいな安心感があるのかもしれませんが…



もうひとつ例をあげると 右肘を高くあげる と認識されている場合ですが
これも 錯覚
右肘が左肘に比べ高くなっているのは 上げている のではなく 前傾角度が存在するから です
この角度で向きを変えているのですから 付随する部位もその傾き分位置を変えます
ですから 必然でそうなるものに動きを付け加えてしまうとそれは蛇足となり 不必要な仕事を増やしてしまうだけですので ご注意を

逆に前傾姿勢を失ってしまってしまっていたら…
そしてこの形(肘位置)を作ろうとしたら…
当然右肘を上げなくてはならなくなりますね








概ね目標とする位置は このあたり
グリップが 右胸から右肩付近にあるようにしてください 

スナップショット 1 (2012-05-06 22-25) 




さて これまで3つの確認事項をあげてみました
他の注意すべきことは随時アップしていきますが まずはこの3つを要チェック!
よろしく~~~ 

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ用品へ  
ご質問はこちらまで!

S&Eスポーツ
776-0014
徳島県吉野川市鴨島町知恵島770
tel(0883)24-6789
fax(0883)22-0555
携帯 090-1002-1035
e-mail sandes@mxi.netwave.or.jp
スポンサーサイト

category: 魔界の極意

[]

page top△

コメント

今日のブログは、トップからインパクトの画像を期待します。



重鎮 #- | URL | 2012/05/09 18:04 | edit

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://sandesports.blog.fc2.com/tb.php/323-9f4f483b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。