07// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //09

転ばぬ先の杖 メゾンゴルフ(旧S&E sports)のゴルフクラブ

これでボールが打てちゃうの?ゴルフクラブとしての機能を享受できれば新たなステージがみえてくる クラブが創り出す不思議な境地 そんな扉を開けてみないか! 〒776-0010徳島県吉野川市鴨島町鴨島556-19 E-mail sandes@mxi.netwave.or.jpTe/Faxl(0883)36-9292 携帯090-1002-1035

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[]

trackback: --   本文: --   

page top△

振動数200アンダーの世界

それは未知の世界かもしれない
すぐには打てないかもしれない
こんなの作りやがって!と思うかもしれない

それでも一度は体験しておくべきだ~!
とここまで言わせるこのシャフト

ブラックスピーダー468 F4

007.jpg


どのメーカーに変えても
誰それプロが使っているモデルを選んでも
流行っているはずのシャフトに変えても
何も違いを感じない…そうじゃなかった?
雑誌に載ってるような試打インプレッションのような感想が自分の言葉で出てきましたか?

振動数200cpm

これが多くのアマチュアにとっての基準となりうるところ
そう判断するのは これまで数多くのゴルファーを見てきた上でのことです

振らなくてもいいはずのゴルフクラブ構造なのに
強制的に振らざるを得ない
そこそこヘッドスピードは出ているのに
さらにスピードアップを要求される
その負担の中 方向まで管理しなくてはならないとなると
もはや 超人 の仕事ですよ

ま、それでもね
健康的にスポーツとしての練習とか鍛錬とかのレベルならまだいいですよ
その要求されてる体の動きはもう普通じゃ見られない
思わず目を覆いたくなる人体構造破壊級なもので

その関節ってそっちに曲がるものなの?
背骨って捩じるためにあるの?
肩ってそういう風に使うの?
それって脱臼する方向なのでは…

関節を使わないから制御する筋肉が余分に必要になり
筋力が付けばその力によって内部破壊が起こり…
スウィング中使われている筋力は飛ぶ方向には向かわず
ほとんどが制御に使われている
そんな現実を知ってか知らずか
強要されていることは間違いのないことです

その酷いほど硬いシャフトと軽いヘッドとのダブルパンチによって
これまで散々頑張らされてきたのです…

もうそろそろ道具の恩恵を受けてもいいのではありませんか?
本当の飛距離を味わってもいいのではありませんか?

sw1-2

スポンサーサイト

category: ゴルフクラブ

tag: 468  飛距離 

[]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://sandesports.blog.fc2.com/tb.php/3-bead7384
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。