07// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //09

転ばぬ先の杖 メゾンゴルフ(旧S&E sports)のゴルフクラブ

これでボールが打てちゃうの?ゴルフクラブとしての機能を享受できれば新たなステージがみえてくる クラブが創り出す不思議な境地 そんな扉を開けてみないか! 〒776-0010徳島県吉野川市鴨島町鴨島556-19 E-mail sandes@mxi.netwave.or.jpTe/Faxl(0883)36-9292 携帯090-1002-1035

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[]

trackback: --   本文: --   

page top△

インパクトロフト


インパクトロフト??

少々聞き慣れない言葉かもしれません

これはヘッド(クラブ)が動いている状態、
つまり実際スウィングした時にボールに与えるロフト効果ということで、
通常言われているロフトというのは静止状態で計測した基準値ということになります

全く同じロフトやライ、長さも何もかも同じモデルを使っても、
打つ人によって高さも違えば距離も違うでしょ
そんなにヘッドスピードは変わらない…
ということで同じにしたのに相手は飛んでるけど自分はなんだか… 
お・な・じ なのにそっちのほうがよく見えたりしてね

009 (3)

ゴルフクラブを持ってスウィングする以上、
多かれ少なかれ角度を持って上からボールに入ってきます
この角度を入射角度と言います
その角度は人それぞれスウィングよって違いますから
同じクラブを持っているにもかかわらず弾道に違いが生じるのですが、ここで問題!


その入射角度を、そうですね 3度 としましょう
持っているクラブは10度のクラブ
さてこのクラブ、ロフトは何度の作用になるでしょう?

あまり好きな問題形式ではありませんが
1. 10度  2.13度  3.7度  4.30度  5.3度
5択形式でいきます

ちなみにシュミレーションによると

ヘッドスピード40m/sの場合
打ち出し角は25~26度 
スピン量は1400~1500rpm

この条件が最もいいそうですが
しかしこの打ち出し角、正しく打てた場合、
通常のドライバーでは限りなく不可能に思いますし、
そのスピン量では思わぬ曲がりに苦しめられる可能性大です

ここで、1400回転もしているんだ~
なんて思わないでくださいね
これ、飛行中の回転数ではなくて1分間での回転数ですから
ティーショットして着地するまでの時間ってせいぜい数秒ですよね


さて問題の答えですが

正解を言うと 2番 の13度になります


インパクトロフトは入射角度に対するロフトになりますから、
3度のラインを基準に考えなければなりません
ですから5度あればそうピッタリとはいきませんが、
15度の効果ということになります

ですからその扱い方によってロフトが大きくついているにもかかわらず
弾道が低い場合も出てくるわけです


全く同じクラブで弾道に違いが出る
その理由がおわかりいただけましたでしょうか?

スポンサーサイト

category: クラブの構造・機能

[]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://sandesports.blog.fc2.com/tb.php/29-70b06e59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。