07// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //09

転ばぬ先の杖 メゾンゴルフ(旧S&E sports)のゴルフクラブ

これでボールが打てちゃうの?ゴルフクラブとしての機能を享受できれば新たなステージがみえてくる クラブが創り出す不思議な境地 そんな扉を開けてみないか! 〒776-0010徳島県吉野川市鴨島町鴨島556-19 E-mail sandes@mxi.netwave.or.jpTe/Faxl(0883)36-9292 携帯090-1002-1035

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[]

trackback: --   本文: --   

page top△

ロフトと打ち出し角度


ボールの飛びに深く関係するといわれているのが

・ボールの初速
・打ち出し角度
・スピン量

この3つが重要とされています

sw1-2

もちろん飛びを決めるのはこれだけではありません
エネルギーは様々な形に化けてしまいます
摩擦や音もそうですが、影響が大きいといわれるのが上記の3要素だということです
考える上で大事なのは、
例えば 初速だけ 上がればいいのかというとそうではありませんし、
スピンも少なすぎれば揚力を失い距離は稼げません
それは高さも同じことです
その条件のとき、どこにどれだけ配分するかということですから、
どれかが偏ってしまえばそれは逆効果だということになるのです


“高弾道が飛ぶ”
そう言われれば高さだけに目が行ってしまい、
上がることはいいことだと思ってしまう
確かに最も確認しやすい部分ではあります
スピンがどうのと言われても目視することは不可能ですものね
ただし、それらの条件が揃えばという前提つきだということも忘れないでほしいのです


高弾道、高スピン これは飛びに関しては最も厳しい条件になります
なぜかって?
それは初速も当然遅くなってしまうからです



ヘッドについている角度なり形状の大きな意味は、エネルギーの分配というところにあります
高弾道、高スピンなのですからもう残りはたかだかしれたものですから

しかも 前 ではなく 上 に向かってボールを打ち出す
のですから、
その労力は飛行機とロケットの違いみたいなもので、
高さを含めて同じ距離を打つためにはどちらが遠回りになってしまうでしょう


高スピンだから後半もスピンが残っていると考えるのも甘いかもしれません

ボールは打ち出し前半、スキッドと呼ばれる無回転に近い状態で進みます

まずボール自身の推進力によって進み、
その力が弱まってくれば今度はスピンが顔を出し
グライダーのような効果で緩やかな放物線を描きます

その後半に取っておきたいはずのスピンが前半で使われてしまうのですから
この効果は期待薄 あまり見たくない、力なく落ちてくる悲しい弾道になってしまう…


遠くへ飛ばしたい!

51_180105.jpg


そう願ってドライバーを手にしているはずなのに、
飛びとはほど遠い球にしかならない…

これもロフトに対するある固定観念が
邪魔をしたものなのかもしれません
 

スポンサーサイト

category: クラブの構造・機能

[]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://sandesports.blog.fc2.com/tb.php/27-4765ae20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。