07// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //09

転ばぬ先の杖 メゾンゴルフ(旧S&E sports)のゴルフクラブ

これでボールが打てちゃうの?ゴルフクラブとしての機能を享受できれば新たなステージがみえてくる クラブが創り出す不思議な境地 そんな扉を開けてみないか! 〒776-0010徳島県吉野川市鴨島町鴨島556-19 E-mail sandes@mxi.netwave.or.jpTe/Faxl(0883)36-9292 携帯090-1002-1035

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[]

trackback: --   本文: --   

page top△

ヘッドを振ることから逃れられないだろうね


軽いヘッドと硬いシャフトの組み合わせ
なのに どんなクラブを計測てもバランスだけはD0~D2付近
不思議に思いグリップを計ってみると 40g?! こんな軽いのつけてるの?
(ま そうすれば バランスだけは合わせられるけども…)

軽いヘッド いや ヘッドの軽量化
そう表現するとなんか進化したように感じる?
ウチはよそとはちょっと変わってるのかもしれないけれど こう聞くと 原材料ケチったのか?って思っちゃう…

硬い強度のあるシャフトが好まれる
これも(誰かは別にして)好材料だ
硬さを云々…という裏返しはしなりに違和感をおぼえてるということ
そもそも 硬さと言った時点でシャフト使いはだいたい想像がつく
勿論そのスイングもね
そうすると 単にシャフトを硬く作ればいいわけだから シートの質どころか素材まで変えてもいいということにもなる
これも大きな声では言えないけれど ケチる ことも可能だ
条件が簡単だからね
適度な重量で しなりを感じないよう硬く そして壊れない
それでいいんでしょ

バランスが出なければ さっきのグリップ これも軽くすればいいんだから これまた材料は少なくて済む



そういう意味では これはエコなのかい?!
その分 安く出来ればそれは 消費者のため になるのかい?!



軽くて硬いクラブを手渡されれば とる行動は決まっている
そう 振ることだ
飛距離という側面から見れば 振って 振って 振りまわさない限り望む結果は得られないだろう
だって軽いんだからね その衝突に負けないとは到底思えない
(ボールが重いなんて感じてないのかなあ)
シャフトも硬い 硬い カチンコチン なんだからね
な~~~んにも手助けはしてくれませんわな
自分が込める力に対して耐えてくれるだけ イヤ動かないだけと言った方がいいかな

でも それを自ら望んでるんだよね
進んでやってるわけでしょ

いやそんなつもりはない
不必要な事はしたくないし 体も大事にしたい
クラブで出来るんならそれはありがたい
けど そうは言っても ショップに行ってもそんな
ヘッドの重い シャフトの柔らかいのは置いていない

それはそうですね
ウチのパーツ そのほとんどは別注 別ラインで生産してもらってますから
それも お話なりメールなりやり取りさせてもらってからオーダーをかけます
つまり その人専用です
また シャフト選定もご希望の内容によって軟度は変化します
ですから 見た目は同じでも
それは世界にたった一つ
あなた専用のクラブです

067_20120318225909.jpg 



ここでひとつ豆知識
シャフトはカーボンシートをマンドレルと呼ばれる芯金にくるくると巻きつけるようにして作ります
その芯金に対して 平行そして斜めの方向(バイアスと呼ぶ)の組み合わせになっているんですけども そのシート間には樹脂(接着用 俗にレジンと呼ばれます)で固着させていますので新品シャフトというのはその分硬いわけです
ですから はじめのうちはこれ1本と決めて打つのではなく 満遍なく使って頂く事をお願いしています
そうすることで このレジンが壊され 本来のシャフトの動きになっていくからです

イメージとしては 購入したばかりのグローブって感じでしょうか
はじめはカチコチで使いづらいですけども 次第になじんでその人に合った型になりますよね
これはシャフトにも言えることで 使用することでその人用になじんでくる
この期間をウチでは ならし期間 と呼んでいます
これを経て さらに自分専用のクラブとして出来あがっていくのです


そんないい時間がね 最近聞かないよね
最新クラブを購入→ダメ→できるだけいい?状態で即ネット
そしてまた次…その繰り返し
ならし なんてレベルには程遠く 単にねじってるだけだから動いてほしいところ
おいしいところは 硬いまま…硬く閉ざされたまま…闇へと消えてゆく~~~
それでこれまで なんかいいことあった?

ま それもこれも みんなで望んでやってるんだから致し方ないけどね
でも そんな 円 から抜けだしたいと思っている人も少なからずいると思うんだ
そういう人のためにも このゴルフクラブ は必要だろうからね
いつでも連絡待ってるよ!

S&Eスポーツ
776-0014
徳島県吉野川市鴨島町知恵島770
e-mail sandes@mxi.netwave.or.jp
tel(0883)24-6789
fax(0883)22-0555
携帯 090-1002-1035








その打ち方…ヘッドのどの部分で打ちたいの?
そんなのフェースに決まってんだろって言うんだろうけど…
その軌道と姿勢のどこにフェースが存在するの?
あるのはフェースじゃなくて ソール だってことに いつ気が付くのかね~

デカヘッドは打てない
バンスの大きなウェッジは使えない
なによりシャフトは硬くないと使えない
そんな上級者を気取っているのもいいけどね
それは わたしはソールでボールを打っていますって公言しているのと一緒だよ
多分 こう言っても意味はわからないんでしょうけどね
 


にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ用品へ


スポンサーサイト

category: ゴルフクラブ

[]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://sandesports.blog.fc2.com/tb.php/266-f1812907
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。