07// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //09

転ばぬ先の杖 メゾンゴルフ(旧S&E sports)のゴルフクラブ

これでボールが打てちゃうの?ゴルフクラブとしての機能を享受できれば新たなステージがみえてくる クラブが創り出す不思議な境地 そんな扉を開けてみないか! 〒776-0010徳島県吉野川市鴨島町鴨島556-19 E-mail sandes@mxi.netwave.or.jpTe/Faxl(0883)36-9292 携帯090-1002-1035

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[]

trackback: --   本文: --   

page top△

オリジナルロフトとリアルロフト


クラブヘッドにはロフト(loft)角度がついています。
ドライバーで10度位が基準になっているようですが、その表記方法には2種類ありますから選ばれる際は確認しておいた方がいいでしょう。
kamui456sil.jpg

振動数の場合もそうでしたが、
どちらか迷ったときはロフトの大きい方を選んだほうが賢明だと思います
スウィングや体への影響を考えると 
上がらないクラブで上げるように打つ
のは避けるべきでしょう。

ロフトの表記方法も各社違いがあります。
ヘッドに何度と刻印されている場合も計測してみればかなり違うケースも多いですから、上がらない(上がりすぎる)のなら一度計測してみるのも自分のクラブを知る上では手掛かりとなりますのでおすすめしておきます。

ウッド系クラブのヘッドはソール(底)を地面に設置した状態を基準に計測します。

これがオリジナルロフトになります。
003.jpg

この時、ヘッド設計 プラス ソール形状が合わさってフェース角度(左へ向いている場合はフック・+、右へ向いている場合はオープン・-)ができるのですが、

そのフェース向きをスクエア(±0)にした状態で計測したものがリアルロフトということにしています。
002.jpg

このロフトの表記方法には特に定めはありません。
ですからA社の10度とB社の10度が同じかというとそうはならないのが現状です。

このロフトはシャフト軸線とフェース面との間にできる角度で、主にボールの高さに関係してくる機能
一般にはロフトが大きいと高く、小さければ低くとなるのが普通です。
この説明に異論は少ないと思うのですが、現実はそうなっているようにはとても思えない ので少し困惑しています。

ロフトが大きければ高く上がる。
これは現実と一致します 問題はもう一方。
小さければ低い、これが成り立たないのです
そのロフトであの高さ??というのがごくごく一般的な練習場での実験結果なんです。
片田舎の小さな練習場だから…?
それを割り引いたとしてもこの高確率は異常なのではないかと思います。

ちなみに…いつも実験をお願いする際にはクラブスペックはすべて目隠しの状態でお願いしています。
今回のロフトもそうで、これはシャフトについても同じようにしています。
それには理由があって、打つ前に情報が入ると先に物語を作ってしまってそうなるように動いてしまうものなのです。
固定観念という台本はものすごく強靭ですから…

大きいロフトも小さいロフトも高い球


ちょっとここを掘り下げて考察してみましょうか

024.jpg

スポンサーサイト

category: クラブの構造・機能

[]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://sandesports.blog.fc2.com/tb.php/26-1c377b9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。