05// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //07

転ばぬ先の杖 メゾンゴルフ(旧S&E sports)のゴルフクラブ

これでボールが打てちゃうの?ゴルフクラブとしての機能を享受できれば新たなステージがみえてくる クラブが創り出す不思議な境地 そんな扉を開けてみないか! 〒776-0010徳島県吉野川市鴨島町鴨島556-19 E-mail sandes@mxi.netwave.or.jpTe/Faxl(0883)36-9292 携帯090-1002-1035

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[]

trackback: --   本文: --   

page top△

ヘッドは分配器の役割も担っているんだよ その2


クラブヘッドには ロフト と呼ばれる角度がついております
そのクラブ全部にそれぞれの用途に合うよう設定されています
ちなみにこれはパターも例外ではありません
わずかではありますが 角度がついております

009-1_20120307231545.jpg

上げない?はずのパターになんでロフトが付いているのか
それは勿論理由があってのことですけども イメージとしては無くても平気?!
もしかすると パターにロフト角度が付いているということもご存じなかった方もいらっしゃるかもしれませんね

一度ご自分のパターも確認しておいて損はないのではないでしょうか
 
001_20120308223255.jpg 




さて 先日の続きでございます
あなたはボール アドレス完了 というところでしたね
これからエネルギーを蓄えたヘッドがあなた(ボール)を空中?へと誘ってくれるのですが まずはそのヘッドと衝突 つまり エネルギーをわけてもらわなければなりません
出来れば効率よく分けてもらいたいところですね


011-1_20120308224451.jpg

話を進めていたのは6番アイアンでしたから それを使ってみます
通常イメージされている状態は リーディングエッジがボールと地面の隙間に入るというものだと思います
この部分が少し上になるとトップ そして手前だとダフり そう呼んでいるようですけども うまく行こうが行くまいが リーディングエッジが進行方向から入ってくるイメージということには違いは無さそうですね

012_20120308224614.jpg

ということで あなた(ボール)はクラブの端っこから衝突することになるようです
準備はよろしいですか? 
(そのトップされるのは痛そうですね~)



なんとかヘッドの端がうまくボールの下部 芝生との隙間に入ったとします
そうすると まずあなたはどうなりますか?
ボールの形状は球体です
その球体の後方から 約30度角度の付いたものが当たるんです

そうですね
イメージとしては スキー場にあるリフトに乗っている感じでしょうか
人体の形状とリフトの形状からすると うまく運んでくれそうですけども 今回の条件は 球体と単なる坂です



次にちょっと変わった視点でみてみましょう
 
この坂(ロフト)が動いてくるのではなく ボールが動いてきたら…


012_20120308224614.jpg



まず ボールは坂を上るように滑っていくでしょう




野球でいうポップフライ?バックネット裏へのファールチップ?

そうするとです
もしポップフライを外野まで運ぶとなると 過分の労力が必要ということになります
このあたりが死に物狂いでクラブを振っているという現実がわたしには被るのです
さらに それで済むならまだしも その振った結果 前というよりは さらに上 に行ってしまっているように思えます
確かにボールは放物線を描きますから 高く上がれば それだけボールの着地地点は伸びるかもしれませんけど…



こんな話をすると ゴルフは野球とは違うし ましてやスキーのリフトの話なんて全く関係が無い!
そう言われるのが 普通 です(もう慣れましたけどね)







でも どんな方法であれ せっかくのエネルギーを有効に使いきりたいじゃないですか
それには なんか無駄にしてしまってるところはないかな~って探してみるのが先じゃないのかなあ
飛ばない じゃあもっとスピードをつけろ!ってなんか変じゃない?
なんでもかんでも上乗せすれば済む話なの?
世間ではエコだなんだ言ってる割には やってることは…どうなの?

ニュースを見てると 公務員採用4割削減 とか 希望退職者を募って…なんて記事が出てたけど それもちょっと違うんじゃあないかな~
数を減らすことじゃあなくって その枠で最大の効果を出すのが本来の目的なはずでしょ
若い人と年配の人 その相乗効果を生み出すことで得られる効果を引き出すのが 効率がいいってことでしょ
もしかして 単に安いことだけ そんな風に思ってない?

確かにね 無駄が無いとは思わないけれど もう一歩深く考えてみようよ
それだけ数が必要な複雑なシステムにしてしまったのも その一端は ひょっとすると我々にあるのかもしれないよ
その構造にしても求めなければ何も生まれなかったわけだからね
自分は関与していない だから関係ない と思うかもしれないけれど これも他人任せにして ほったらかしにした結果
それは結局自分の行動だからね




もっと関係ない話になってしまいましたか ゴメンナサイね

スピンもボールが飛ぶには必要不可欠な要素です
これが無ければ あれだけ空中を漂うことは不可能です
しかしながら それだけスピンにエネルギーを食われてしまうと 本来主力となる 推進力 が得られません(少なくなります)

配分 という言葉が出ましたが ボールとヘッドが衝突することで その力は様々なものに化けます
スピンもそのひとつです
スピードを上げれば飛ぶ
それもウソではありませんが その分スピンに代表されるその他にも分配されているということも忘れないでください


にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ用品へ
現在主流の方法で
多少ヘッドスピードが上がったところで
最終の距離に転嫁できるのかというのは
甚だ疑問なところです
かといって別に止めはしません
お好きなものをご自身で選択くださいませ
 
S&Eスポーツ

009_20120308234752.jpg 

スポンサーサイト

category: ゴルフクラブ

[]

page top△

コメント

坂を上っていく動画拝見しました。

この逆で「ロフトとパターマット(地面)に挟まれるボール」の動画を作ってもらえないでしょうか。 インパクト時のヘッドの姿勢とか、シャフトの角度なんかのイメージを持ちたいんですe-330

ご検討いただけたら幸甚です。

魔界の住人Z #- | URL | 2012/03/09 15:09 | edit

どうもでございます
嫌々ながらにボールは出てゆく
表現が適切かどうかはわかりませんが そんな状況をイメージしています
また記事と絡めながら展開していきますので お楽しみに!

ちなみに その位置 その瞬間で何かをしている意識は全くありません
あえて言うなら トップの位置 かな

S #- | URL | 2012/03/10 01:14 | edit

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://sandesports.blog.fc2.com/tb.php/255-3efa1e7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。