04// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //06

転ばぬ先の杖 メゾンゴルフ(旧S&E sports)のゴルフクラブ

これでボールが打てちゃうの?ゴルフクラブとしての機能を享受できれば新たなステージがみえてくる クラブが創り出す不思議な境地 そんな扉を開けてみないか! 〒776-0010徳島県吉野川市鴨島町鴨島556-19 E-mail sandes@mxi.netwave.or.jpTe/Faxl(0883)36-9292 携帯090-1002-1035

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[]

trackback: --   本文: --   

page top△

こんなイメージはいかが? その2

arithmetic_m08.png 
時計の話のつづき

正解は、時計そのものを下に下げることで12時の位置をずらす
さらに時計の針の先端を動かすのではなく、支点となっている部分を動かす
(時計から針を外して使う)
そうすることで直線イメージになる
ということなんだけどわかります?

支点から外されたグリップ
これを下方向に動かす(下げる)ことでヘッドが移動する
ここでヘッドが12時、シャフトが時計の針だから垂直に位置している状態だね

そこからさらに体の向きの変更を伴ってさらにグリップを下方向へ移動
これには横への慣性もついてくるから、その分右肘を使って左手を押してあげる
そうすることでヘッドも下がり始め、
最終インパクト時にシャフトが4時ぐらいの針で迎えることになるんです



時計をそのままに6時のイメージを持っているとしたら、
これは検討してみることをおすすめします
当然そこに来るまでの過程もグリップを支点とした動きイメージの筈ですから

注意してほしいのは、全体の動きの最中、
あまり体から手が離れないようにしておくこと
動き出すといろんな慣性が影響してくるからね


あくまでイメージの話だけど、体感できた、
もしくは出来かかっている人は何となくわかると思います
で、その事が回りの人に見えない動きであることも


ゴルフは先端を動かすことによる円運動だと誤解されやすいのも、
見たままのことをそのままやってしまうから
というのがひとつの理由でしょう


それとお気づきでしょうか?
この動き、すべて重力方向の動きです
右肘で横方向へ押してあげる動きを必要にはなりますが、
これも下方向への斜めの動きですから、
重力利用方向ですからそう負担になるものではありません

この部分で苦労する場合は、横方向、
つまり体の向きの変更が上手くいっていない、
もしくはこの方向へのエネルギーを使いたい、
そんな表れが右肘の動きを阻害しているのかもしれません

その場合、クラブも必ず影響を受けますから一層難儀になります
バラバラに向いてしまったベクトルを管理するのは容易なことではありません

しかし、裏を返せばその力は利用出来るということですから
扱い方次第といったところでしょうか


この他人には決して見えない自分だけの秘密
そっと箱にしまっておくのもある意味快感なのかもしれません

illust1463.png
スポンサーサイト

category: スウィング

thread: ゴルフ  janre: スポーツ

[]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://sandesports.blog.fc2.com/tb.php/23-12034415
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。