07// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //09

転ばぬ先の杖 メゾンゴルフ(旧S&E sports)のゴルフクラブ

これでボールが打てちゃうの?ゴルフクラブとしての機能を享受できれば新たなステージがみえてくる クラブが創り出す不思議な境地 そんな扉を開けてみないか! 〒776-0010徳島県吉野川市鴨島町鴨島556-19 E-mail sandes@mxi.netwave.or.jpTe/Faxl(0883)36-9292 携帯090-1002-1035

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[]

trackback: --   本文: --   

page top△

クラブ振動数

ゴルフクラブの固有振動数を計測するものです。

v3.jpg


グリップ部を固定しヘッドを持ち上げることでシャフトは撓みます。
これを離すとシャフトの作用で上下に振動しますが、そのサイクルを測定したものがゴルフクラブの振動数ということになります。
cpm(シーピーエム)と読みますが、これはサイクル パー ミニットの頭文字をとったもの。
ですから1分間に何回振動するかということになり、

          一般的なSフレックスのシャフトですと
       この振動数は235~245cpm程度になります。


なぜ数値に開きがあるのかというと、フレックスには明確な基準がないために各社それぞれの方法で決めていますから、AメーカーではSでもBメーカーではRというものが少なくないというのが現状で、しかもフレックスはシャフト単体でのものですから、クラブの状態になればそのセッティングの違いによってクラブの硬さというものは変わってきます。

         一概にSフレックスだけに決めつけてしまうと
     後で痛い目をみますからクラブ選びの際はご注意ください。


クラブの持つ固有振動数はスウィングと深い関係があります。
スウィング全体のリズムを司っているのもこの振動数によるところが大きく、いくらがんばってもクラブが応えてくれないことにはどうしようもありませんし、ゆっくり振れ!と言われてもそれはシャフトが決めることですから自分ではどうしようもないですし…ですがひとたびマッチすれば心強い味方となるでしょう。

シャフトは大別すると手元がしまっているものとそうでないものに分かれます。
そこの感じ方には個人差がありますので多種多様のものを試してみるのがホントのところは一番いいのですけど現実的にはそうもいきませんし、試打出来るものとなるとさらに範囲は狭まります。

その際は振動数を目安にし、
どちらか迷った場合にはやわらかいもの(振動数の低いもの)
を選ばれると後々の対処が楽になるであろうことを付け加えておきます。

009-1.jpg
スポンサーサイト

category: クラブの構造・機能

[]

page top△

コメント

新ブログさわやかですね

わたしの柔くて重~いクラブは

強~い味方になってくれる日と、
そっぽ向かれる日があります。

YK #- | URL | 2011/08/26 11:28 | edit

コメントどうもありがとうございます

ちょっとそのクラブ
ツンデレ系ですから

ここはひとつご機嫌をとっていただいてv-274

S&E #- | URL | 2011/08/27 02:30 | edit

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://sandesports.blog.fc2.com/tb.php/2-77902c3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。