07// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //09

転ばぬ先の杖 メゾンゴルフ(旧S&E sports)のゴルフクラブ

これでボールが打てちゃうの?ゴルフクラブとしての機能を享受できれば新たなステージがみえてくる クラブが創り出す不思議な境地 そんな扉を開けてみないか! 〒776-0010徳島県吉野川市鴨島町鴨島556-19 E-mail sandes@mxi.netwave.or.jpTe/Faxl(0883)36-9292 携帯090-1002-1035

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[]

trackback: --   本文: --   

page top△

今年を振りかえって


2011年は日本にとって最大級の激動の年であったと思います
去る3月11日の大地震によって引き起こされた
大津波による被害は甚大なものとなりました
これほど人々の生活を揺るがすこととなってしまった
東日本大震災
微力ながらではありますが支援活動に携わることになった際
多くの方にご協力を頂き 助けられたことに対しまして
この場を借りて お礼と感謝を申し上げます
本当にありがとうございました 

IMG_1867.jpg

しかしながら まだ多くの問題が取り残されたままです
個人の力はたかだかしれたものですけれども
その中でも何か出来る事 そして やらなければならないこと
を模索しながら 携わっております

その方法や内容はそれぞれ違うと思います
といいますか 違わなければおかしいと言うべきかもしれませんが
出来ることは もう何もない というのはちょっと違うと思っています
大きな事をする それもひとつですけれども
大は小の集まり ですから
その僅かのことであても ひとつのことは出来ます
しかしながら その時を逃してしまわないために
思い出したくないというのが 人間の性ではありますが
決して忘れてはならない事
それが今回の震災であると思います

IMG_1941.jpg

震災によって命を落とされた方々に ご冥福をお祈りいたします
また 被害を負われた方々につきましては 心よりお見舞い申し上げます

繰り返しになりますが
決して忘れてはならないですけども いつまでも悲しんでばかりもいられません
せっかく救われたのですから 前を向いて生活の立て直しに進んで頂きたく思います
しかし その過程は想像もつかないようなことの連続でしょう
時には挫けそうになることもあると思います
表現があっているかどうかは申し訳ありませんが わかりませんけども
そんな時は 一休み また ちょっと後退してみるのもいいかと思うんです
歌詞にもあるように 3歩進んで2歩下がる
これでも結果的に 1歩 前進です
我々直接被害が無かった地域の者だからこそ言える
甘えたこと なのかもしれません
そう言われたとしても 確かにその通りです
残念ながら 身代りになってあげられることも出来ません
しかし裏を返せば
だからこそ できること がありますし それが必要になる時が必ず来ます
しかし それそのものが 何なのか は各自が決めることであって
強制するものではないと思っています

IMG_1793_20111230194306.jpg

ピンチに陥った時こそ 最大のチャンスである
言葉は悪いかもしれませんが
起こってしまった現実は取り換えすることも 巻き戻すことも出来ません
であれば その現実を如何にして今後のために結び付けていくかが重要で
起こってしまった結果に対する事実確認は大切なことには違いありませんが
その事が未来のためというよりは 俗に言う 犯人探しが目的になってしまうと
意味が無いとは言いませんが とかく歪んだものになりがちです
そうではなくて その検証から出た内容の失敗は失敗として受け止め
そこから じゃあどうするべきだったのかを検討する
そういう姿勢にならないと 次に進まないように感じます

IMG_1803_20111230194352.jpg

情報は活用出来てきてこそ役に立つもの
ですから それぞれに自己判断する これが重要で
このことは すぐにでも 勿論現地に行かなくても出来ることが多くあります
情報化社会というだけあって その量は膨大な数に及びます
流行りの 繋がっている という言葉
確かに パソコンの前にいると 全世界と繋がっている
かのように錯覚しがちですけども
その結果だけを見ていると あまり好ましくないように感じるのは
判断する という行為が抜けてしまっているからなのではと考えています
それは 良いとか悪いとか 合ってるとか間違ってるとか
そんなのは また別な話で
なにか 判断するという行為 からわざと自分を遠ざけているように思えるのです
これは 私個人の考えであり意見です
失敗からしか本当の学びは無い そう思っています
ですから 今回の震災対策も 誤解を恐れずに言うと
失敗してもいい状況だったにもかかわらず
引き延ばしによる時間のロスばかりが目に付きました
そう単純な問題ではないことは重々承知しているつもりではありますが
出てくるコメントは 「想定外」と「未曾有」
だったら 対策もそれに沿ってもよかったのではなかったでしょうか
なにか大胆な対策を打って出てもよかったのではないでしょうか
たとえそれが不発に終わっても 次の対策を講じればいいわけで
なぜか対策だけ「規定内」で収めようとするがあまり
後手後手に回ることになってしまい 結局同じことをしても
効果としては半減 いやそれ以下のものになってしまったように思います
こう言うと 政府が悪い 自治体が悪い
そうなってしまいがちですけど
そうなるように仕向けた してしまった根本は一個人です
やりたくても やらせてもらえない
これは現場にいて ものすごく感じた点です
がんじがらめに縛られたモノによって動かせてもらえないもどかしさは
ある意味 関係者ほど痛感したことだと思います
そういう意味では 我々の存在というものは 少しは役に立ったのかなとも思いますが
単にしてくれない ではなく やりたくてもすることが出来ない現実(しがらみ)
その事をもう一度それぞれに思い返す それだけでも 価値は十分あると思います
そして その役目は 直接被害の無かったものの役目だと考えます

f7db4444_20111230194742.jpg

なんだか取りとめのない 偉そうな内容になってしまった事をお詫びいたします
最後になってしまいましたが 被災地の一日でも早い復興を祈願しています

1e868cb1-s_20111230195138.jpg 

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ用品へ
人気ブログランキングへ 
 
今年も1年本当におせわになりました
暗いニュースが多い中
なんとか明るい話題をご提供できるよう努めてまいりますので
よろしくお願いいたします
来る2012年がみなさまにとって
明るいものとなりますようお祈りしています

S&Eスポーツ 河崎

023_20111230195848.jpg 



いやいや な~んか今思い起こすと
まるで夢の出来事のなかで暮らしたような1年でありました

呑気にテレビを付けて
お客さんとゴルフの話に花咲いていた ごくありふれた日常に
とんでもないCG作りやがったな
これなんて映画のプロモーション?
なんて ホントにしばらくの間そう思っておりました
だってそうでしょ
あの映像が現実のものなんて とてもじゃないけど 信じられない
でしょ
それが現実のものだとわかったのはしばらく後で
その時のショックは 同時多発テロ どころの話じゃなかった
あれはあれで 衝撃を受けたけども
これが自国 日本の光景?!とはなかなか信じられなかった…
それが2011年3月11日


そのただ事ではない現実から
なにかしなきゃ みたいな思いはあるのだけれど
なにをどうしていいものなのかもわからず 右往左往しているところ
ある一本の電話から すべては動き始めました

いや実はこれまで ボランティア というものには
全くと言っていいほど興味はありませんでした
ソレガナンデコンナコトニ…
物資を集め それを送り 必要なところに届くといいなぁ~
なんて 満足した心地でいたはずなのに…
ナンデオレハセンダイニイルノ?
それですぐ帰国じゃなかった帰郷したのもかかわらず
アレ?トクシマニイタノハキノセイダッタノカ?
そうそう 気のせい 錯覚 まぼろし
そんな自問自答の中
クルマデノロジョウセイカツガハジマッタ…


携わってくれた みなさまのおかげで
事故なく トラブルなく ミッションをこなすことが出来ました
どうも ありがとう!
そして お店をほったらかしにした間
切り盛りしてくれた ミスターTさま
そこに追い打ちをかけるように
真夏にエアコンなしのミッション車
それも軽トラを持ってこさせたその罪はなんで償いましょう?
価値の無い 軽い頭ですみませんが ホントに頭があがりません
ビザギレニヨルキョウセイソウカン
その大役をだまって担ってくれた彼
感謝です!



今回のシリーズ その抜かりなくまとめられたその記事に
なにも言うことはありません
な~んて 人間の出来た思考は残念ながら持ってないんで
すらずらと書いてみたんですけど
ほんの少し残っている脳みそで読み返すと
トテモヨメタモノデハアリマセン
良い子が真似しちゃうと困りますから ここはあえて 自重 しておきます
とてもじゃないですけど 公共の情報にのせるべきものではありません

ということで お蔵入り ボツ原稿としてそっとしまっておきます
その中には この年では感じることが少なくなった
喜怒哀楽 がすべて詰まってる(本来すばらしい)ものなんですけど
なにせ ねじがゆるむどころじゃなくて
完全に外れた状態でのチーム行動ですから 性質が悪いの何の…
その行動の陰にはいつも…ダメダメ ホントそれこそ訴えられちゃうよ!
でもま その中でひとつだけ これはいいかな~というのを少し

物資搬入が活動の中心だったこの頃
人に手渡すものなんだから 身を持って性能を確かめておく必要がある
なんかカッコいいセルフですよね
なるほど 人として 技術者として さすが 言うことが違う!
な~んて感心してた こっちがバカでしたよ

その中のひとつ 電動アシスト付き自転車
これはホントに威力を発揮したものでした
被災地の足となっている公共機関の乗り物が完全にダウンしてしまっている状況
プラス 路面状況の悪さ からしてバイクでは危険
そんな環境にマッチした すぐれもの でした
その切り替えによって 坂路でも難なくこなせる機能もアリ
あれ 何台運んだんでしょう?
途中からはもうわからなくなるほどでしたから

でもですよ
誰ですか?
1回の充電でどこまで走行できるのか?なんて言いだしたのは
誰ですか?
それをあえて 坂 路 ば か り の ところで閃いたのは
誰ですか?
それも雨上がりの暗闇になってから決行したのは

ちなみに
ソレハイイダシッペガセキニンヲモツモノデハナイデスカ?
すると すかさず
その実験対象は 電動自転車 であって アナタの意思は関係ない!
ときたもんだ

いや 実験は破壊ポイントが重要だから
なんて楽しそうに言われてもね
でも その破壊って どう考えても物質が対象でしょ
なのに その笑みは 間違いなく人間に対してだよね
ホントニヤルキデスカ…
ここは牡鹿半島のど真ん中ですよ
その名の通り 鹿の住む場所なんですよ
鹿は 平地 には確かいませんよね
平らなところで住んでいるシカは 奈良公園 ぐらいのもんですよ
よし! じゃあ行ってみよう!
って あの~人の話聞いてます?
よしって何?じゃあってどういうこと?

やりますよ やりゃあいいんでしょ!
ん?嫌なら別にいいよ
(なんで そんな言い方なの~~~~ちょっと甘えてみただけじゃん)
すみません 喜んでやらせて頂きます!

ま その実験は 予想よりはるかに短い時間できりあげることになったんですけど
(当然だ!)
救出された車内での ひとコマ
よくホントにやったよね~感心するよ!
だと
あぁ やっぱりこの人は超越した存在だ…
そう改めて知ることになった夜でした
スポンサーサイト

category: ごあいさつ

[]

page top△

コメント

皆が「携帯電話がつながらない」って言い出して、
テレビをつけると仙台空港に津波が来てたよね。
ほんとCGだと思ったよ。

車を運んだことは気にしないで下さい。
徳島でじっとしてられなかったし、
友達や野澤さんにも会いたかったしね。

あのタイミングで、郡山の友人に会えたことは
S&Eにとっても感謝です。

エクスタシー #- | URL | 2011/12/31 07:39 | edit

何から何までホントにお世話になりました
ありがとう!!!

様々な方面よりご協力頂いた方々
本当にありがとうございました!

それでは よいお年を!!!

S&E #- | URL | 2011/12/31 21:59 | edit

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://sandesports.blog.fc2.com/tb.php/158-65b6478a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。