09// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //11

転ばぬ先の杖 メゾンゴルフ(旧S&E sports)のゴルフクラブ

これでボールが打てちゃうの?ゴルフクラブとしての機能を享受できれば新たなステージがみえてくる クラブが創り出す不思議な境地 そんな扉を開けてみないか! 〒776-0010徳島県吉野川市鴨島町鴨島556-19 E-mail sandes@mxi.netwave.or.jpTe/Faxl(0883)36-9292 携帯090-1002-1035

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[]

trackback: --   本文: --   

page top△

ドローボールを打つにはヘッドターンすればいいの?


ひとつ憧れる弾道であろう ドローボール
これが打てるようになると なんか一人前~!
みたいな印象があるようですけども…


先日ちょっと本屋さんに立ち寄ったついでに
ゴルフコーナーも覗いてみたんですけど
スライス撲滅 みたいな見出しの本がたくさん並んでいます
その中の数冊をペラペラ見た程度ですけど
終始述べられているのは 「ヘッドを返す」と直接書いてあるものは少ないですが
結局のところ 開いたヘッドを閉じる 内容ばかりです

その時思ったことは
結果的にスライスしている それは事実かもしれません
ですが その動きが本能的な(体にとっては正しい)
動きをしていているのにもかかわらず
もしこの本を読めば 全く別の原因のスライスが生まれてしまいます
体の動きだけを見れば
よほど初心者の方のほうが 理にかなった動きを見せてくれます
しかしながら そのスライスの原因がクラブにあるとはなかなか考えられない
これが非常に残念なところです


023_20111224221032.jpg  
ミステリー460HT 好感触を頂いております


で 前回のドライバーなんですけど
フェースに出来ている傷は ご多分にもれずスライス傷
使用者の方のお悩みも スライスが止まらない!です

で す が
ソール傷を見てみると
その内容は 一般的なスライスの原因として考えられているものとは
全くと言っていいほどの違いがあります

どういうことかと言いますと
打点(フェース面)とソールの関係が一致しているからです
ウチで言うところの タテに振ってしまっている
というのが原因で ヨコにターンしているわけではないんです

そこを理解してあげないとね
単にスライスするということを伝えられたとしても
根本原因が違うのですから対処も当然変わります
タテの原因をヨコの方法で処置しようとしても
それは無理があります

ある意味 せっかくタテに振れているのですから
振る必要をなくしてあげればいいだけのことで
それをヨコに矯正凶制してしまうのは…


確かに見た目には
斧で薪を割るようなスウィングに映るんだと思います
もしかすると 本人の感覚もそうかもしれません

しかしながら
地面にボールがあって
自分は棒状の道具を持っているのですから
その動きをしようとするのが
自然と言えば自然でしょう

でもそれさえならないのは
テレビや雑誌による視覚情報の錯覚
(今のレベルでは 錯覚にもならないですけど)
によるものでしょう
そのまま見れば クラブはヨコに振るものだ
そう思っても致し方の無いところですから
070_20111224220244.jpg 
kyoeiオリジナル 超重量級モデル!


 ゴ
   ル
     フ
       ク
         ラ
           ブ
             は






ヨコにも振らない




そうした時に機能を発揮するものです



さらに その形状から ボールはつかまるように出来ています
逆に言うと 複数クラブを持つのは あえて つかまらないようにしている
というのがひとつの理由です

しかしながら
ヨコに振った際に起こるクラブ機能面からくる現象は
クラブの重量配分や重心位置のズレからおこる
ヘッドの開き でしかありませんから
そのままでは 一生ボールがつかまることはありません
目標に打つために こすりを最小限におさえる というのが精一杯のことです

035_20111228223736.jpg

この姿勢でドローボールって想像しがたいでしょ
思い浮かぶのは たぶんこすりながら右へ出ていく 抜け球 でしょう
けど テークバックにしてもトップにしても体を回すにしても
言うとおり 見えたとおり 教科書どおり
やってるんだと思うんですよ
実際のところ これで何が悪いの?って感じてると思うんです
でも結果となって表れるのは 例外なくこの姿勢…
そこへ来て 手を返す事は厳禁
みたいなこと言われてるはずでしょうから
もはやどうしていいかわからない
そんなとこでしょ

その悩みというかジレンマに陥るのは当然なんです
だって ヘッドを返す以外方法はない んですから
でもね そんな極限のところで なにもわざわざ…って思いません?



ドローボールって言うのはある意味自然なボール
というか普通に出る弾道であって
最もたどり付くのが困難なのは
ホントはフェードボール
なんだけどね

でも その前の前の前 もうひとつ前ぐらいで
とん挫しちゃってるんだろうなぁ~




にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ用品へ
 人気ブログランキングへ
 
今年も残りわずかとなってまいりました
体調など崩さぬようご自愛くださいませ
S&Eスポーツ

スポンサーサイト

category: スウィング

[]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://sandesports.blog.fc2.com/tb.php/156-eb4e6956
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。