07// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //09

転ばぬ先の杖 メゾンゴルフ(旧S&E sports)のゴルフクラブ

これでボールが打てちゃうの?ゴルフクラブとしての機能を享受できれば新たなステージがみえてくる クラブが創り出す不思議な境地 そんな扉を開けてみないか! 〒776-0010徳島県吉野川市鴨島町鴨島556-19 E-mail sandes@mxi.netwave.or.jpTe/Faxl(0883)36-9292 携帯090-1002-1035

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[]

trackback: --   本文: --   

page top△

だいたいこんなイメージでしょ


アプローチだけに限らず
スウィング全般に言える事だと思う

クラブをヨコに見ると
ブランコイメージ
クラブをタテに見ると
遮断機イメージ

このタテがある人は まだ全然いい方で
ほとんどの場合 ヨコ振りと回転(ねじり)の組み合わせ
これは最悪!だね

012 (2)-1 

その円イメージを一度どけてみたら?


って言ってもなかなか難しいよね
アドレスしたところで
ハイ それじゃあ円を作らずにクラブを動かして下さい!
なんて言われてもねぇ
固まっちゃうよね

よくインサイドとかアウトサイドとか言うじゃない
これって 飛球線ラインに対してのものだよね
このラインに対して インサイド イン
こんな軌道イメージが 最も良いとされている(一般基準では)

12-2.jpg 

ひとつ確認だけど
出来る 出来ない は別にして
この円弧でボールを捕らえるのと
直線でボールに当るのと
どっちが確率がいいと思う?

聞くまでもないことだよね
そんなの無理だ!なんてすぐに言わないで…
想像だけでいいから もし出来たらって話だから




(ホントは簡単なんだけどね)




039_20111222233042.jpg   
ことぶきゴルフクラブ Tコースよりおとどけします


そのインとかアウトって話だけど
それを決定しているのは まず目線からの情報だと思う
アドレス時 それぞれの仮想ラインを持っている
そのライン(壁?)からヘッドがはみ出ないように気を付けているんだろうけど
自分では見えない方向からの確認もしてみよう
あれれ?なんて発見あるかもよ


クラブ(ヘッド)をヨコに振らずタテにも振らず
のやり方で テークバック(アウェイ)してみよう

動きを説明すると
足を使ってクラブをヨコへと動かし
それと同時進行して右肘を張っていく
ということになるんだけども
実践してもらった一般人の方の言葉を借りると
「スウェーしている」と「脇が空いた」
というのが最多意見でした  

023_20111222232255.jpg  
肘が入ってなかったね ごめんね

ちなみに自分の目線情報で見るとこんな感じです

027 (2)

その動きを細分化して考えてみると
階段の形がイメージできます
タテとヨコの関係だね

025 (2) 
↑この画像 上の画像とどこかが違う?↑

021_20111222233722.jpg


ちょっとおさらいしておきましょうか
足は左右に2本あります
スウィングの軸となるのは 勿論背骨なんですが
構造上 あるところを超えると向きを変えなければなりません
その向きの変更は 左右の股関節が決め手になります
右に向く時は右に
左を向く時は左に
それぞれ 準備しておかなければなりません

これをウチでは 直立足を作る と言い
そのための動き方を スライド と言います
これが左右それぞれに出来ないと
向き変更の動きを 背骨のねじりに頼らければならなくなるのです
背骨を捩じることがどういうことになるのか はもういいですね
あれは書いているだけで 頭が痛くなります

肘は先日も書いたとおり 体の外に張り出した腕立て伏せの動きですので
思いきって外へ外へ です

034 (2) 

030 (2)029 (2)031 (2)

体のスライドと肘の張り出しを同時進行で進めていきます
体のヨコ方向への動きは あるところを境に向きを変える動きになります

035 (2)036 (2)037 (2)

それをさらに細かく進めていくと どうなるでしょう?
自分のスウィングを第三者から見た視覚情報に近づいてきません?
ただ単に見た目だけを真似しても確かに上手くいきません
しかしながら その見えているスウィングも情報のひとつです
スウィング その運動に コツなんてのはないけれど
出来るようになっていく過程を見させてもらっていると
その部分だけに固執している間はあまり上手くいかず
全体の一部分としてとらえはじめると ちょっと違ってきます
部分は全体の中のひとつ であり
全体はその部分のためにある
その両面を同時に考えられるようになってくると
大きな変化が生まれてくるようです


038_20111222235445.jpg 


あら?
飛球線後方 直線の位置にクラブ収まってません?



にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ用品へ
 人気ブログランキングへ

いつもご協力 どうも!です
S&Eスポーツ

スポンサーサイト

category: スウィング

[]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://sandesports.blog.fc2.com/tb.php/150-1d9b2c69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。