05// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //07

転ばぬ先の杖 メゾンゴルフ(旧S&E sports)のゴルフクラブ

これでボールが打てちゃうの?ゴルフクラブとしての機能を享受できれば新たなステージがみえてくる クラブが創り出す不思議な境地 そんな扉を開けてみないか! 〒776-0010徳島県吉野川市鴨島町鴨島556-19 E-mail sandes@mxi.netwave.or.jpTe/Faxl(0883)36-9292 携帯090-1002-1035

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[]

trackback: --   本文: --   

page top△

パターはなかまハズレなの?


この始動時のヘッドの動きを説明するのにもってこいなのが
実は パター なんです

cb2-3_20111216211528.jpg

パッティングとなると
さっきまでスウィングしてた内容はそっちのけ~
今度は 正反対とばかりに フェースの方向ばかりが気になる?

パターは別物として扱っている場合がほとんどのようですけど
ボールがほとんど空中に浮かないというだけで
他のクラブと同様 ショット していることに違いありません
付け加えれば 基本構造も全く同じです
それが途端に動かし方というか認識が違うというのも
なんだか 不思議? ですよね

014_20111216211705.jpg

そのパターの動かし方 
目標に打ち出すためには面を変えたくない 変えてはならない
そういうことの表れですよね
ショットのように 開いて閉じる動きでは
思うところには打ち出せない
そう認識しているということだと思います

パターは少ない(小さい)動きだから
こう理由付けている方も多いかもしれません
確かにクラブそのものの動きは少ないものですから
フルショットとなると 当然体の回転も伴いますし
必然的に腕の動きも大きくなります

だけど…ですね
動きが大きくなったら 別の動きになる
こう考えてしまうのも ちょっと釈然としません
だって 普通に考えても
小さい動きが大きくなったものが フルショット と呼ばれる動きのはずでしょ
その量が違うだけで
1Y打つのも300Y打つのも元となる動きは同じじゃあないかな?
フルショットは出来るけど アプローチは苦手 パターはもっと嫌い
これってなんだかな~って思いますけど
ましてや その方法(スウィング)に悩むって…

バックに入っている そのクラブ陣
それは 同じスウィングで打てるようにするためのもの ではないですか
ゴルフは 距離 が重要な要素を占めるものです
その距離を打ち分けるための本数なわけです

それを このクラブはこう
パターはこうして
ドライバーはまた別な動き
これでは いつまでたっても上達にはほど遠く
ウッドが調子がいい日はアイアンがダメ
または その逆
ショットは全然だけど パターはよく入った
などなど 
036_20111216214644.jpg  


確かに 危機管理 という側面ではこれもいいかもしれません
多数の方策をとっておくのは重要なことです
けど スウィングはそう難しくしてしまう必要はないでしょう
そういう能力は別な もっと違うカテゴリーで発揮して頂きたいものです

ましてコースへでれば
ショット以外の要素が多数絡んできます
人間本来の欲望も顔を出すでしょう
そんな中 スウィングに ボールを打つことだけに精一杯な状況では
望む結果にはなかなかならないかもしれません
いろんな配慮を配りつつ1日過ごすわけですから
自分だけ必死になって周りが見えないっていうのも…

ショットは さらりとこなして周りを見守る
現実離れした優雅な空間にいるわけですから
景色なども楽しむ余裕があってもいいと思います
ちなみに私はホールアウトしたグリーンから
逆にティグラウンドを見てる時間が好きです

112123-1.jpg

戻りましょう
この小さい動きに時間を割いているのは少数派だと思います
多分ウォーミングアップ程度 なものでしょう
ま フルショットした方が楽しいのはわかりますけど
これが出来なければ 大きい動きはできるわけないですし
もし打てているとするなら
それは何か別の作業を加えているということになりますし…

069-1_20111216213230.jpg

気持ちよく振らせてくれ~!
そんな欲求も勿論あるでしょう
せっかく練習場に来ても アプローチばっかじゃ ツマラナイ
確かに!

そんな方に とっておきの練習法をお教えしましょう!
それは パターマットを使った1Yショット です

039.jpg

このスペースを ことぶきゴルフクラブ T.コースと呼んでおります
全長3.5m(3.8y)です

今の彼は多分 パー1 の感覚で打っていると思います
2階で作業していることも多いのですが
誰が打っているか パターをしているか
その音で判別しています(見えないですから)

不思議に思うかもしれませんが
その打撃音って人によってマチマチで…
そうですね~
足音 みたいなもんですかね
それぞれ特徴あるじゃないですか
あ 今誰それが来た なんてわかるものでしょ 

025-1.jpg

この練習でウェッジが使えれば
ある意味スウィングに悩みなんてあまりないんじゃない?
(勿論 追求していくなら いくらでもお題は出せるけども)

事実 彼の体による人体実験では(ゴメンナサイね)
このT.コースが お世辞にも パー3 だったのが
次第に パー2 そして今は入らなかったら文句言ってるほどです
そのフルスウィングの相互関係に 気が付いている(はず?)
047.jpg 048_20111216220322.jpg 
ちなみにクラブは P/S です
(お部屋の破損には十分ご注意ください 笑えませんのでね)


そもそもスウィングは
人間側で意思を持って動かすのは 精々膝から腰ぐらいまでで
あとは 自分では無いなにか によって 動かされる ものです
その為の基本的な動きというのは確かにありますけど
それも骨格構造にのっとった動きですから
特殊な能力を必要とするものではありません
そういう意味では
必要のないとこばかりに目が行っちゃってるのかもネ

027-2.jpg 

これがオープンフェースとはあまり指摘されません
ですが パターに持ち替えた途端 マジ突っ込み が入るでしょう
ほれ開いとるがな!ってね


みなさまには これらがどう映っているのでしょうか?

031_20111216221133.jpg 

025-1.jpg 

035_20111216221410.jpg 

027-2.jpg 
033_20111216221233.jpg 
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ用品へ 人気ブログランキングへ
クリック よろしくお願いします!
S&Eスポーツ
スポンサーサイト

category: クラブとスウィングの関係

[]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://sandesports.blog.fc2.com/tb.php/143-b7acf3bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。