09// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //11

転ばぬ先の杖 メゾンゴルフ(旧S&E sports)のゴルフクラブ

これでボールが打てちゃうの?ゴルフクラブとしての機能を享受できれば新たなステージがみえてくる クラブが創り出す不思議な境地 そんな扉を開けてみないか! 〒776-0010徳島県吉野川市鴨島町鴨島556-19 E-mail sandes@mxi.netwave.or.jpTe/Faxl(0883)36-9292 携帯090-1002-1035

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[]

trackback: --   本文: --   

page top△

クラブの基本構造 その2


 ゴルフクラブの特殊なところ
それは握っているグリップ・シャフトの延長線上に打点・打つ面が無く、少しズレたところにある事だと思います
普段手にすることのあるスポーツ用具とは違うこの点がゴルフを

難しくも
やさしくも

していると言える部分でしょう
またそのヘッドは左右・上下・前後 立体的に歪な構造をしています
どこをとっても対称となる部分が存在しない構造です
さらにシャフトとその異型物?との接続点はクラブヘッドの端というのが通常です

長い棒の先端に非常に歪なヘッドがついた構造
これがゴルフクラブで、実はゴルフスウィングやクラブ扱いを
紐解く鍵となるのです

d3.jpgボールを遠くへ飛ばす
その意味合いからすれば 先端に重量物を設置しているというのは理解できます
でもそれ だけ ならばこんなに歪にする必要はないはず
ましてや打点がズレているのです
その端っこにシャフトがついているんです
ある意味そのズレ分 空振り するように打てってことですか?

ヘッドの重心点を表すのに重心距離を使うのが一般的です
その重心位置をフェース面上に投影した点とシャフト軸線からの距離で表したものです
通常クラブを選んでるとはこの重心距離を選んでいると言っても過言ではありません
この重心距離はドライバーの場合ですと1cm近く違うものも多くあります
それは体積とか形状に関係なく、ですから見た目がほとんど同じでもスウィングという動き、運動が加わればその位置のズレ プラス 歪な形状が手伝って最終的には非常に複雑なものになります

ゴルフを長くやっていても、かなり上級者と呼ばれる方にしても
このズレと歪な形状に悩まされています
結果としてとる行動は重心位置の短いモデル、体積の小さいヘッドを選ぶということにも表れています
付け加えるなら バンスの少ないものを好みます
失礼ですが、その形状を理解した上でそのモデルを選んでいるとは思えません
単に邪魔、デメリットしか感じないから極力影響の少ないものという事だと思います


なぜ重心点がズレているのか
なぜヘッドが歪な非対称な形状をしているのか
そのメリットが見えてくるかどうか
というのがクラブ扱いの大きな別れ道

たとえ今出来なくてもその形状が理解できると出来ないでは
近い将来大きな差となって表れてきます
スポンサーサイト

category: クラブの構造・機能

tag: 重心点 

[]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://sandesports.blog.fc2.com/tb.php/14-80efc42f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。