05// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //07

転ばぬ先の杖 メゾンゴルフ(旧S&E sports)のゴルフクラブ

これでボールが打てちゃうの?ゴルフクラブとしての機能を享受できれば新たなステージがみえてくる クラブが創り出す不思議な境地 そんな扉を開けてみないか! 〒776-0010徳島県吉野川市鴨島町鴨島556-19 E-mail sandes@mxi.netwave.or.jpTe/Faxl(0883)36-9292 携帯090-1002-1035

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[]

trackback: --   本文: --   

page top△

クラブバランス と スウィングウェイト


バランス値が意味するところとしては
クラブの振り具合
として扱われているのが一般的なようです

4mp738-m06.jpg

って またまた出ました
一般的という単語
よほど ウチが言ってることがおかしいのか 世間にそぐわないのか…
それとも 大半のほうが 何かおかしいのか
今回に限ったことではないですが
つくづく 考えされられている次第です

でもまぁ こんなブログにたどり着いたのも何かの縁 ですので
 そのついで と言ってはなんですが
それぞれ ちょっとだけ時間をさいて
これまでの常識
これを見直してみるのもいいんじゃないですか?

みなさん 少なからず疑問をお持ちでしょうから
そのもやもやもこの際 解消 しておきましょう
それで 今までどおりでOK!
そう確信が持てたなら それはそれで いいことです
肝心なのは 問題を先送りせず その場で対処していくことだと思います
(後になってにっちもさっちも行かなくなるのは スウィングも同じことです)
みんながそう言ってるから 正しいんだろう
これだけでは…ねぇ


011_20111210224225.jpg 

バランスが 重い 軽い
よく聞く言葉ですけども
そもそもバランスという言葉がしめすとおり
これは重量と長さの関係で
今回は結論から先に申します

このバランスとは
クラブの作り手側のためのものだと考えています

013_20111211234654.jpg 
ヘッド重量はクラブ1本1本それぞれ異なります
アイアンの場合 番手間のピッチは7~8g程度になり
長さも0.5インチずつ長く(短く)なります
その重量・長さが整えば このバランス値は一定
D1ならD1ですべて揃います

対して 重量に変化を付けていけば フロー設計となります
番手が下がるにつれ(ウェッジに向かうほど)
バランス値を上げていく(重くする)方法です

009 (2)

ウチではクラブを製作する場合
このバランス計と振動数計そしてシャフトカッター
この3台をぐるぐる 行ったり来たりの作業になります

011_20111211234939.jpg 033.jpg

遊びに来てくれた方はご存知かもしれませんが
バランス計とカッターは2階で
振動数計は1階に置いてありますので
(なんでだよ!って話ですが…)
上に下に そりゃ大変!
万歩計数値は急上昇いたします
その階段攻撃ですけども
これは重力を知る最高の練習法かもしれません

 009-1_20111211235039.jpg 
ちょっとそれました
このバランスは水平時のものですが
クラブのバランス
このもう一つの呼び名?に スウィングウェイト
と言う場合があります
これも 結論から言いますと

クラブを手渡した時点で スウィングウェイト
として扱うものだと考えています

そうはいっても 表示されているのは 同じ記号ですから
何がどう解釈が異なってくるのか
チンプンカンプンだと思います

もしここまでで こちらが何を言いたいのか 想像がついた方は
かなりのツウ ○態です

004-1.jpg 

バランス と スウィングウェイト

これが単に呼び名だけの違い
だ と し て
実際のスウィングにあてはめてみましょう

083.jpg

一般に
クラブが水平になるのは
腰のあたりとトップの位置 この2か所
そして この腰の位置ではテークバックとダウンスウィングで
同じ所を通る というのがオンプレーンの定義であったと思います

084.jpg

このスウィング中 クラブが重い と感じるのはどこですか?

085.jpg

決めつけてしまって申し訳ないですが
テークバックのこの位置で 重いと感じている人は 少数派でしょう
トップへ来ても まだ少ない と思います
ほとんどの方は ダウンスウィングのこの位置
で やっと重さを体感しているのが多いパターンです
(もっと後半の方もいるでしょうね)

重さを感じるというのは ある意味 抵坑 ですから
まさに ボールとコンタクトしようとするその直前に
かなりの負荷をかけられているということになります?

その重さに対する 処置 は概ね2種類あります

ひとつは 力技で強引にインパクトに持ち込むケース

もうひとつは 体側の動きを制御(減速)することで
ヘッドを先行させようとするケースです

前者の場合 当然 軽いクラブ の方が好まれるでしょう
そう筋力的に恵まれた方ばかりではないでしょうから

後者の場合は
グリップエンドを支点として
振り子のように扱う典型的な方法になります
俗に言う タメ なんて単語も登場するかもわかりませんが
ここでは 置いておきます
物理的に その先端にあるヘッドがそのまま追い越すことはありませんから
この場合は 人間側が減速することで まかなうしかありません

でも単純に ボールに当る前に減速するって…どうなの?

それは これまで動いてきた体の動きを
止める動きになるわけですけど
それは 何処で何で受け止めるの?
結構な力だと思うけど…
(これを充実感と言うのかしら?)
それで 膝とか腰とか手首とか 場合によっては首とか
痛めてしまわないのかしら?
そこまでして ヘッドだけ動かしても はたして飛ぶのかしら?
それも 何処へ飛んでいくのかしら?

当るも八卦当たらぬも八卦
打ってみるまでわからない方法…再度聞くけど

これってどうなの?


086.jpg 

雑誌に出てくるようなインパクトをマネしてみた
その形どうこうは 〇〇〇〇いいんだけども
アドレスで気を付けた形やクラブの角度なんかを
そのまま動かすと
画像の通り
いっこうに地面に届かない

この高さの誤差って
どうやって処理してるの?
体(腰)も左へ開いていく方向だから
どんどんボールから離れていくことになるけど…

ここで業界用語をひとつ
左回転しながら右方向にあるボールを打つ
これを 離れ業 と言うんです


あらら…長くなってきちゃったね
今日はこのへんで置いておきましょうか




















って誰ですか?
問題先送りだ~!なんて言ってる人は

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ用品へ
 人気ブログランキングへ


なにもしておりませんが…
ナマケモノ党に
清き一票を よろしくお願いします!
S&Eスポーツ

スポンサーサイト

category: クラブとスウィングの関係

[]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://sandesports.blog.fc2.com/tb.php/139-27572e56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。