05// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //07

転ばぬ先の杖 メゾンゴルフ(旧S&E sports)のゴルフクラブ

これでボールが打てちゃうの?ゴルフクラブとしての機能を享受できれば新たなステージがみえてくる クラブが創り出す不思議な境地 そんな扉を開けてみないか! 〒776-0010徳島県吉野川市鴨島町鴨島556-19 E-mail sandes@mxi.netwave.or.jpTe/Faxl(0883)36-9292 携帯090-1002-1035

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[]

trackback: --   本文: --   

page top△

ゴルフと仕事と私


ゴルフ歴はたかだか15年ほどだ
切っ掛けは ごくありふれた事で 面白くもなんともないが
当時まだ勤め人だった頃 職場の先輩に誘われてゴルフを始めた


07148d7f7138c0c6_20111121210943.jpg 

この頃は 完全に世間の波に乗った(ように思っていた)ゴルフでありスウィングである
流行りのクラブを追い求め 新スウィング論なり気鋭のレッスンなんかがでれば
すぐに飛びついていたことを思い出す
これを野球のバッターに例えると ダボハゼ と言うが まさにそれだ

新製品 これの何を見ているのかと言えば
プロや専門家?が書いたインプレッション記事
細かいデータなどは気にもとめず
9度のロフトでシャフトはSで60g程度ならそれでOK
あとは見た目が好みに合えばそれでいい

当時はまだインターネットが今ほどではなかったから
雑誌による情報が主流だったし
その記事の内容をそのまま信じて疑わない
だって 一流のメーカーがクラブを作り
仮にも専門家が説明しているのだから
それが絶対のものだとして疑うことなどなかったから
(若かったんだな~ きらびやかなキャッチコピーに何度騙されただろう…
でもねその内容も決してウソでは無いんだよ それをどう解釈するかは読み手の方だからね)

スウィングにしても同じことだ
なぜ 何のために この動きをしているのか
そんな部分は気にも留めない
ただ 見た目を真似し 受け売りのような単語を記憶し
居心地のいい動き だけ を取り入れる
テイクバックはこのプロ
トップはこのプロ
フィニッシュはこのプロ
といった具合だ
これを フランケンシュタインスウィング作成法
そう呼ぶ! かどうかは知らないが
とって付けたいいとこ取り であることは間違いない
車で言うところの ニコイチ いや3個 4個 それ以上かもしれない

そんなのでもね~
やってりゃ スコアだけ はよくなるものなんだよ
ハンデは2までいった
そこそこの大会にも出てきたが
やってることは 考えなしのクラブ選びとフランケンスウィングだ
散弾銃ゴルフ この例えもいいかもしれない
下手な鉄砲…もういいか

そういえば
先日のトーナメントで アマチュアの松山英樹選手がプロトーナメントで優勝した
その結果に対しては 賛辞を贈りたい!

20111114k0000m050027000p_size5.jpg

実は この彼とある試合で同組でラウンドしたことがある
予選の2日間だったが(私は確か予選落ち)ご一緒させて頂いた
といっても最近の話ではない
こういった競技ではティーグラウンドでマーカーとなる選手のスコアカードを受け取り
ボール合わせなりルールの説明を受けるのだが
一通り儀式?を終え その彼に何年生?と聞くと3年生と答えた
こちらは 高校生と思いこんでいたから
えらく幼い3年生だなと思い話を進めていると
なんと中学生だというのだ
その当時は体も細く華奢ではあったが しっかりしたスコアは出していた
現在は体も出来あがってきたようだが
できるだけ 長い活躍 を願っている


アマチュアとしてスウィングを語っていたこと と
今 ゴルフクラブ屋として仕事として語っている内容は
ある意味 真逆のことになっている
無知を理由にするのはよくないが
アマチュアだったということで当時のことは勘弁願いたい
ほんと 何も知らなかったのだよ

だが 仕事 プロとなるとそうはいかない
ゴルフを 自分の仕事 と決めた以上
自分のためにプレー はしない

このことは よく不思議がられるのだけれど
そうしちゃうと 自分のためのクラブ に偏ってしまいがち だから

ゴルフをプレーする人
クラブを作る人
この役割分担はすごく大切なことなんだ

新しいクラブなりパーツのテストとしてコースに出向くことはあるが
それでも年に1回か2回
練習場にいるもんだからボールを打つには事欠かないし
幸いにもテストしてくれる人は大勢いる
そこで自分がいけそうだと判断したクラブを
実際の使用者に試してもらう
その感想を受けて またクラブにフィードバックするというのが
今のスタイルだ
だから とんとコースには行っていないのだが
それでも ショットや弾道は当時と遜色ない
むしろ良い球と言われれば 今のほうが全然いい!
クラブの正しい扱い方
これが身についてくると やっていない時間 というのは
あまり関係が無いようである
そりゃそうだ

面倒なことはみんなクラブがやってくれるんだから



ご協力 いつもありがとうございます 店主
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

category: ごあいさつ

[]

page top△

コメント

今日、カシオワールド見てたけど、18番のセカンドで
田中秀道プロが腰をかばって痛そうだった。
昔は強かったのになあ。彼は私より3つ下。
これからの人生同じくらいあるのに
プロは大変だね。

エクスタシー #- | URL | 2011/11/27 01:02 | edit

最近 首のヘルニアが増えているそうです

市場調査係 #- | URL | 2011/11/27 19:06 | edit

今日も最終戦がテレビに映ってた
出所は明かせない スーパー50インチ の大画面だから
スウィングを映し出せば 超ド級の迫力だ
それはそれで 感動するのだけれど
そのスウィングを見た瞬間
ピリッと感電したような気分になるのは気のせいだろうか…

もうそろそろ 気がついた方がいいんじゃないか
まあ いいけど…

S&E #- | URL | 2011/11/28 00:04 | edit

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://sandesports.blog.fc2.com/tb.php/121-6729283b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。