07// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //09

転ばぬ先の杖 メゾンゴルフ(旧S&E sports)のゴルフクラブ

これでボールが打てちゃうの?ゴルフクラブとしての機能を享受できれば新たなステージがみえてくる クラブが創り出す不思議な境地 そんな扉を開けてみないか! 〒776-0010徳島県吉野川市鴨島町鴨島556-19 E-mail sandes@mxi.netwave.or.jpTe/Faxl(0883)36-9292 携帯090-1002-1035

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[]

trackback: --   本文: --   

page top△

見た目に騙されるな


これも幾度となく言っていることですが
スウィングは円を描くこと

07148d7f7138c0c6_20111106020453.jpg

これがスウィングを複雑にし 難しいものにしてしまっている
最も大きな城壁かもしれません
特に目に映る映像はとしか見えない ですしね


ちょっとTシャツにデザインを入れてみました

053.jpg 

この上下のラインが タテ方向
左右のラインが ヨコ方向 になり
クラブでいうと
このタテは ライ角方向
ヨコは ロフト角方向になります

スウィングは タテとヨコ
つまり 腕(肘)による動き(タテ)と
体の向きの変更(ヨコ)の合成によって成り立ちます 

055-1_20111108232420.jpg  

対して どこかに支点を作って固定し回転する方法
これを人間の骨格でやろうとすると 捩じる しかないのですが
その見た目から 竹トンボ打法 と勝手に命名しました  

 058-1_20111108232438.jpg  


だってほら
やってることって 竹トンボを斜めに傾けたのと同じでしょ
背骨を軸とみなして 直交する円(プレーン)をなぞるんですよね 

image1.jpg 

言わずもがな
 この竹トンボは はね もしくは それ自体 を
飛ばして遊ぶものです
(子供のころよくやりました)
それそのものが飛ぶのです

で、 あえて 付けたしますが
その竹トンボを飛ばすのに
それを回転させるように手をねじりますか?
多分やらない と思います
子供心に 試行錯誤 することで
両手を互い違いに前後させるように扱った方がよく飛ぶと知っています

ですが ゴルフの場合
この回転を回転(捩じり)で作ろうとしているでしょ
これってものすごく 非効率 なことだと思いません?
効率がいいってものすごく好きな言葉なんじゃなかったかなと思いますけど
ことゴルフスウィングはそうではないようで…



戻りましょう

ゴルフクラブは 体の幅の範囲で扱う
これが基本中の基本です

そこに腕は腕の 体には体の役割を持たせることで
効率のいい動かし方になります
腕はタテ(上下)の動き
これは重力方向の動きになりますから 文字どおり重力を利用することです
腕は体全体でみると 非常に弱い部分ですから
そこに筋力的な負担を強いるのは酷な話です


そもそも ダウンスウィングと表現していることでもわかるとおり
ダウンですから筋力など使いたくもありません
わざわざ苦労して上げたのに なんで下りでも苦労せにゃならんの?
そのまま邪魔しなかったら勝手に打ってくれるじゃない!

sw1-2

努力して時間もお金も使って 軍隊並の訓練を積んできた人達には
こんな発想 ナマケモノ!!! って怒られるんでしょうね
それはそれで さぞ苦労したであろうことは認めますが
そんなの する必要無いんだから しょうが無いじゃない


こちらからも言わせてもらったら
クラブの構造どおり 体の骨格どおり
丁寧に トップまで作ったんです
その行為は報われてしかるべきでしょう
逆に行き道(テイクバック)で楽したんだから
帰り(ダウンスウィング)は苦労しなさいよ



この動きのポイントとなる部分が
右肘 と 骨盤 の動きです

contents_xl-1.jpg

その2つの動きが同時進行することがメインテーマになります
この部分は これまで あえて 使っていなかったところではないかと思います
腰を回しすぎない(固定する)ことが下半身の使い方?だったでしょうし
脇をしめる が右肘を脇腹にひっつけること になってる

そして左肩を入れろ!

そうなると その歪みはどこにきますか?
ゴルファーの共通言語となっている 腰が痛い
そりゃそうですよ
そこ捩じるしかないんですから
しかもそこ 関節じゃないですから!

p01-c3-img-02_20111108014204.jpg 

ゴルフクラブの構造・機能どおりに扱う
体の骨格・関節どおりに動かす

この2つを前提にしますと
スウィングは自ずと決まります

ゴルフクラブは自分の手だと痛いから
代わりにボールに当ってくれるもの
体の機能は 筋力要素が先行するものである

こうなると スウィングは無限に存在します
どうぞ 気がすむまでお探し下さい!


ちなみにこの場合
クラブを何に変えても どんなシャフトを選ぼうと
それは 何の関係もありません
当然 飛距離が伸びる
なんてことは 間違っても考えないことです




各ボタンをクリックして頂きますと
当ブログのポイントが加算されます
引き続きどうぞご協力くださいませ
 店主 
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ用品へ  人気ブログランキングへ 
ご協力誠にありがとうございます
 
スポンサーサイト

category: クラブとスウィングの関係

[]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://sandesports.blog.fc2.com/tb.php/104-b99ac853
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。