09// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //11

転ばぬ先の杖 メゾンゴルフ(旧S&E sports)のゴルフクラブ

これでボールが打てちゃうの?ゴルフクラブとしての機能を享受できれば新たなステージがみえてくる クラブが創り出す不思議な境地 そんな扉を開けてみないか! 〒776-0010徳島県吉野川市鴨島町鴨島556-19 E-mail sandes@mxi.netwave.or.jpTe/Faxl(0883)36-9292 携帯090-1002-1035

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[]

trackback: --   本文: --   

page top△

はじまりはこのシャフト

忘れもしない衝撃的な出会い、それは2006年のことでした
長い構想からついに現実のものとなったそのシャフトは、眩いばかりに黒く光って鎮座していたことをよく憶えています
ついに完成したこのシャフト、これが…

ヘッドは共栄ゴルフ AD-01、グリップはゴルフプライド ツアーベルベットラバーという組み合わせ
全身黒に金のワンポイントというシンプルかつ威圧感のある感じ
(今でも現役バリバリ このクラブでゴルフを満喫している方も大勢いらっしゃる事でしょう)
乏しいボキャブラリーの中からやっと探し出した言葉が強烈というなんとも陳腐な感じですが、その時はそれで精一杯でした…

シャフトってこういうものなんだ
これまでの扱い方(扱いなんて言葉は使えないけど)なんてただ力任せにねじ伏せていただけ…
ヘッドの機能ってここで発揮されるものなんだ
なんだ、なんだ、なんだ…
恥ずかしながらシャフトというものが初めて体感することが出来たのもこのシャフトのおかげです

これまで理屈はわかっているつもりでしたが
それはただの他人の言葉をなんとかこじつけて繋げただけだったのが
ここへ来て初めて、ただの記憶だったものが自分の経験・知識としてインプット出来た瞬間だったのです


その日から約5年、今こうしてそのシャフトと共にゴルフ工房を営んでいることをありがたく思っております
ちょっと格好つけた言い方ですが
「ゴルフクラブの声が聞こえた」
のも何かの運命だと思いますので、その声に耳を傾けながらクラブ創りに力を注ぎこんでいきま~す


ウチのお店 S&E sports(エス アンド イー スポーツ)は練習場の中にあります
そのおかげで一般の方のスウィングを見る、アドバイスする、(実験モルモットになってもらう)機会には事欠きません
その中である基準というのが出来つつあります
確かに明確な法則とはいきませんが、様々なタイプの方が多くいるなかで、特に偏ることなく打ってもらったという実験結果ですけれども、その数を考えるとあながち間違っていないのではないかと思います

004.jpg


それはクラブの振動数
ある振動数を境に変化が出るというものです
クラブ振動数、少し聞き慣れない項目かもしれませんが
この入り乱れたゴルフ情報の錯乱に対応するには
これに注目していく必要をひしひしと感じます

005.jpg
スポンサーサイト

category: ごあいさつ

tag: シャフト  クラブ振動数 

[]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://sandesports.blog.fc2.com/tb.php/1-f0e3a1d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。