12// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //02

転ばぬ先の杖 メゾンゴルフ(旧S&E sports)のゴルフクラブ

これでボールが打てちゃうの?ゴルフクラブとしての機能を享受できれば新たなステージがみえてくる クラブが創り出す不思議な境地 そんな扉を開けてみないか! 〒776-0010徳島県吉野川市鴨島町鴨島556-19 E-mail sandes@mxi.netwave.or.jpTe/Faxl(0883)36-9292 携帯090-1002-1035

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[]

trackback: --   本文: --   

page top△

魔界の扉 その3

聞きたい事は山ほどあるんだが、それをなんて切り出していいのか…都合のいい言葉が見当たらないのがもどかしい。
そんな思いをくみ取ってくれたのかどうかはわからないが、先に話を進め出してくれた。

「あのクラブはですね…」

思わず身を乗り出しそうになったのがわかった。
期待と不安が入り混じった状態だが、ある程度は考えてきたつもり。
ヘッドか、シャフトか、それともなにか難しそうな数値を出してくるのか…ほんの数秒の間に脳がぐるぐる回転している。

069_20120130230123.jpg「あのクラブはですね、エコに特化したクラブです」

「…………」

力が抜けた…それと同時に脳も停止した…

地球の未来を考える?そんな大層なシロモノなの?
賑わいをみせる家電量販店ももう今は無い。ましてやここはゴルフ工房…のはず。それさえも違ったのか…
あ、ポイントが使えるのか!ってこのクラブは政府お墨付き?!いやそんなはずはないだろう(失礼)しかもとっくに終わってるし…またしても次の言葉が見当たらない…



「今日はご自分のクラブお持ちですよね、ちょっと見せて頂いてもいいですか?」
断る理由は何もない。なにやらヘッドを見ているようだ。
「全般にスライスが多いですか。それとアプローチもあまり好きじゃないんでしょうね。」
…人のスウィングも見ないで失礼な。クラブ見ただけで何がわかるっていうんだ。俺はそんなのでは騙されないぞ。

(……でも当ってる……)

「ドライバー見るとよくわかりますよ、どう考えても着陸姿勢がおかしいですもの。でもね、この前なんか調子に乗ってやってたらそのクラブ借りてきたものだったらしくて間違っちゃってね~参ったですよ。」

(大丈夫かこの人……ここにまだ座っていてもいいんだろうか。)

でも同僚の不可解な行動の意味を聞くまでは帰られない。だがこのままでは向こうのペースに巻き込まれてしまいそうだし、聞いてばかりじゃこっちはフリーズ状態から逃れられない。 

 

026-1_20120130231135.jpg「あの~同僚のスウィングとは思えない動きのことなんですけど…」

直接的ではあるが切り出してみた。考えていたんじゃどうにも出てこないし、ここはひとつそのまま伝えてみればいいんじゃないのか、そんな気になったのだ。

「ああ、彼の動きね。だいぶ進んでいますか?そこまで感じさせるってことは以前の面影は薄れてきてるのでしょうね。多少オーバーにはやっているでしょうからなんとも言えませんけど想像はつきます。その動きとクラブとを一生懸命繋げている最中ってとこでしょうか。いい時間ですよね。」

(いい時間って…みんな訳わかんなくなっているのにさらに意味がわからない。)

「まだ自分でしていること と なっていること の区別というか整理がまだなんだと思うんですよね。なんとなく動きも身に付 いてきた、クラブのこともわかり始めてきた。で、たまに訪れる快感も知ってしまった。いろんなパーツが出そろってきているんですね。たまらなく面白い時じゃないですかね。」

面白い?彼は楽しんでいるのか?
以前やった(途中で断念したが)スウィング変更なんて苦痛以外のなにものでもなかった。ボールには当らないしスコアなど出る訳もなく…そのことだけは今回にもあてはるが…この人には何が見えているんだろう。
もしかしてちょっと異質な趣味の世界?
じゃ同僚も…あらぬ想像が頭をよぎったがそれは考えないようにした。 


「とりあえずそのクラブ打ってみますか?」

打席の方へ場所を移すこととなった。そこは1階2階あわせて40打席ほど、距離は90Yほどのこじんまりとした練習場で、その中になにやらクラブがいっぱい並んでいる部屋がある。そこには例のクラブが置かれていてお客さんには自由に打ってもらっているとのことだった。
同僚のクラブは打ったことはないがその異質さは体験済み。しかしそこに並んでいたものはさらに拍車のかかったもので持つまではいいのだがワッグルすることさえためらってしまうような品であった。

とにかく重い、やわらかいのである。

「面白い順に並べてありますからお好きなのをどうぞ」

468-2_20120130231325.jpgそう言われてもどれを選んでいいのか…その前にこれはゴルフクラブなのか?面白い順(こちらにとってはパニックになる順)になるにつれてその重さはどんどん増してくる、そしてどんどんやわらかくなる…ゴルフクラブでいう硬いとかやわらかいなんて表現は全く適用できない代物。これはやっぱり別の…
やっぱりこの人は別世界の人だ!
そんな部屋も実際体験したこともないが、大道具・小道具のそろった専用部屋につれてこられ、ふりかえれば右手に道具を持って構えている。けっして広くはないその空間に2人きり…
これからどんな目に合うのだろう。この年になって初体験してしまうのだろうか…


いやそれだけは避けて通りたい。しかも相手は男性。

もしかすると、非常に、現代風に言えば ヤバイ 状態ではないのだろうか…

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ用品へ人気ブログランキングへ
まじめに(多分)ゴルフクラブを考えております
S&Eスポーツ
どうぞ よろしく~!
スポンサーサイト

category: 魔界の扉

[]

page top△

魔界の扉 その2

調査結果が届いた! 
081_20120129234844.jpg
 しかしだ…届いたのはいいのだが、その内容は見てもよくわからない。そのずらりと並んだ数値群を見れば精密に作られたものだということはうかがえるが、持っている知識といえば、シャフトのフレックス、ヘッドのロフト角度ぐらいものだから…
とりあえずクラブは返し、その場はそれで終わったのだが、その後知るその用紙の内容は驚愕の事実だったことだけ申し上げておく。その数値は想像以上のとんでもないものであったのだ。

その数値の詳しいところはわからなくても、そのクラブを持てば想像がつく。彼には悪いが、数本抜いてワッグルしてみたのだが、明らかに自分の持っているものとは違う。
いやその前に…ホントにこれはゴルフクラブか?見た目が同じのなにか別な道具ではないのか?そんな感じも抱く。
その感触は今でも残っている。
申し訳ないが、あまり心地いモノでは無い…多分脳が認識できないのだろう。自分が持ったそのものがゴルフクラブだとは…だからなにかモヤモヤしたものばかりが印象として残っているのだと思うが、これまたよくわからない。


世間とはかけ離れたクラブセッティング
これがあの奇妙なスウィング動作につながるのだろうか。いったい何をしているのか、何がしたいのか。恐る恐るではあるが、   そのあたりを聞いてみたく缶コーヒーを片手に近づいてみた。
相変わらずその仕草を繰り返していることは言うまでもない

「調子はどう?」
なんともまあとって付けたような入り方だが仕方がない。それ以上の言葉も見つからないのだから。世間話が一通り済んだところで話はゴルフの方へと向い、少し困惑したような表情を伺わせたが、こう伝えてくれた。

「クラブがね、勝手にボールをかっさらっていくような感じなんだよ。自分はそこへは動かしているつもりは無いんだけどね。なんていうかなあ、トップで少し時間(間)があったかなと思ったらもう終わっちゃってるっていうか……
その時は自分も動いているんだろうけど、落ちる方向だから感じないっていうか…うまく説明できないんだ、ごめんね」

確かに聞いたとろで意味不明…困惑した表情はどうせ伝わらないだろうといった不安からくるものだったのだろう。伝えたくても伝わらないもどかしさは辛いものがある。申し訳ないが、お世辞にもゴルフの話をしているとは思えない。
クラブは振るものだ。振ってスピードを出して、ボールをよく見て打つ。
これが当たり前なんじゃないか。どの映像を見てもそうだし、雑誌にもちゃんと書いてあったし…
しかし、彼もそのくらいのことは知らないはずはない。ゴルフを初めてかなりの年数が経つのだから。スコアだってそこそこで回れる腕は持っている。あまり大きな声では言えないが、職場の机の下にはゴルフ雑誌が山積みになっているのを知っている。
それでも取り組んでみようとする根拠はどこにあるんだろうか。
それもクラブをすべて交換してまで…


彼はいったい何を模索しているんだろう


いくら考えても一向に進まない。というかおかしくないそうだ。
ならそこまでして考えることもないじゃないかと言われそうだが、あのモヤモヤがどうしても頭から離れてくれないんだ。
こうなったらそのクラブを作ったところへ行ってみよう。このままでは溜まる一方でなんともたまらない。
024_20120129235033.jpg
ということで、彼にそのお店の情報を聞き、さっそく出かけることにした。
どうもゴルフ工房なんていうとちょっと敷居が高いような気がしていたのと、場違いなところだったらどうしようという思いでこれまで行ったことがない。
しかし、聞くところによるとそこはゴルフ練習場の中とのこと。もし場違いな雰囲気なら練習だけして素通りすればいいか、というなんともチキンな発想も持ちつつ、恐る恐るではあるがそこをたずねてみたのだが、そこはいらぬ想像だったようだ。

すぐに看板嬢が明るく出迎えてくれ、工房の方へとご案内。すると間もなく店長登場。打席の方でレッスンをしていたようである。
若い?中年?おっさん?(失礼)…年は似たようなぐらいか。
コーヒーを出してくれ、多少緊張したわたしを見透かしたかのごとく、一言二言声をかけてくれているようだ。
こちらも張り切ってきたもののどう切り出していいのか、そんな迷っていた仕草を感じ取ってくれたのだろう。


「あの変なクラブの件ですよね」
向こうの方から切り出してくれた。
しかし、直球にちょっとあせったわたしは
「い、いや変だなんて思ってないんです。ただ……」
少々どもり気味…
「いいんですよ、慣れてますから。どう見ても変ですもんね、あはは」


こんな感じで始まったのだが、自分の作ったクラブを変だというのならあなたも変なの?
なんてツッコミを入れる余裕はもちろんなかったが…
それでも明るい雰囲気で話が出来そうな感じだったのでここでも少しほっとした。
 

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ用品へ人気ブログランキングへ
 ゴルフクラブ屋 S&Eスポーツ
どうぞよろしく!
クリックもなにとぞ

category: 魔界の扉

[]

page top△

魔界の扉

 
fee_img_p2.jpg  その時ショットを終えたにもかかわらず彼はフィニッシュの体勢を崩そうとはしなかった 。打ち出したボールはもうすでに止まっている 。なのに動こうとしない。
 視線はどこかうつろで焦点が定まっていないように感じるが、ここからでは良くわからない。 どのくらいの時間だったかは計った訳ではないのでわからないが、たぶん10秒程度だっただろう。

 それはナイスショットだった。 フェアウェイをとらえ、しかも飛んでいる。
 ショットの余韻に浸ることはよくある話だが、そんな雰囲気ではないことは見ていればわかる。
「もうわかったから退いてよ」
とは言い難い、なんとも表現しようのない時間であったが、我に返ったように
「あ、ごめん」
そう言ってそそくさと場所を開け、なんともいえない表情でこちらに返ってきたことだけは憶えている。

「…………」
急に無口になったのも少し気になった。
 クラブを持ったままでは邪魔になるはずなのに手放そうともしない。 なにやら確認している動作、思いだしているような表情を見せるのだが、相変わらず口を開こうとはしない。 とうとうその狭い空間にもかかわらず最後までクラブを離さなかった。041127-1.jpg 

 そしてまたショットの番が回ってきた。素振りはしていない。先ほどの動作を繰り返していただけだ。 そのこと以外は何もしていない。様子が変わってから一部始終をずっと見ていたのだから間違いない。
 ショットした。今度は大きく左へ引っかけた。
 普通ボールの行方が気になって、体も固まり、凝視している時間。その祈りにも似た心境で先ほどに近い時間が費やされるものだ。
だが反して今度はそそくさとこちらへ向かってきた。自分のボールがどこに行こうが関係ない。まるで他人事のようである。ボールがセーフであったことを確認できる頃には、もうすでに隣にいたのだから。

そしてしばらく、やっと口を開いた。
「なんで今ので球にあたったんだろう……」
どうやらこれがあの奇妙な時間をつくった原因のようだ。




 どうやら人間は考えられないことが起こると動きが止まるものらしい。
 その時脳は超高速回転をしているだろうから、そちらにエネルギーをとられてしまうのかもしれないが、何にしても自分のした事とおこった現象とがまるで一致しないがために、困惑というか回線がショートしてしまったそんな状態なのだろう。
 見た目にはそれほど変わらないように映るそのスウィングに何がそうさせてしまうのか。その感覚は本人にしかわからないが、その本人も夢の中の出来事のようであるから説明したくてもなかなか言葉にならない。
「なんで……」
から以降続かないのだ。

 ボールを打ったのはまぎれもなく彼だ。そのことは目撃者が数人存在する。
 しかし当の本人はしらを切りとおす犯人とまではいかないが、すんなりとは認めたくない、認めることが出来ない。そんなヤキモキした様子なのだが、否定も肯定も出来ないもどかしさはこちらにも十分伝わってくる。
002_20120128233159.jpg
  その日、そのショット以降、彼はなにかにとりつかれたかのような仕草を繰り返すようになった。決してマナーが良いとは言い難いが、大好きなたばこをくゆらせながらその仕草を繰り返している。たばこは吸っているわけでもなく灰が足元に落ちるだけだが…
 あの時何が起こったのか。
 僅かに残る記憶と感触を頼りに探り出している。もしかすると声に出ていたかもしれないがそんなこと関係ない。なんとかして自分の中で繋げたいのだろう。そんな彼を見ていた同僚はこう思ったに違いない。
「かわいそうに……」





 

 状況を整理してみよう。その日は何も特別なことがあったわけではない。いつものコースにいつものメンバーでのラウンド。天候もいたって心地よい。強いて言えばすこし二日酔い気味の体調だったことぐらいだろうが、それはいつものことだ。とり立てていう事ではない。

 024_20120128233441.jpg となれば所持品に関係しているのか。
 そういえば普段クラブなどには興味もなかったはずの彼、壊れない限り使い続けるタイプなのにバックの中身がすべて入れ替わっている… 
 いつだったか新興宗教のすすめかどうかは知らないが、ちょっと変わったクラブで練習していると聞いていた。その時はクラブなんて何を使ってもみんな同じだと思っていたからさほど気にもしていなかったが、いつもと違うといえばそれしか見当たらない。
 でもまさかクラブが違うといってもそれほど影響するとも思えない。こちらも負けず劣らずクラブはいろいろ試したし、シャフトなんかもとっかえひっかえしてきた方だ。
 そんなクラブで何かが変わるなんて……

 しかし、日増しに彼の仕草と言動が加速していく 。もうすでに噛み合うところはないのではないか。そう感じさせるところまできてしまった。
 人間大勢を反対に回せばどこか不安になるものだ。
 気持ちもゆらぐところが出てきて当然だと思うのだが、周囲とは裏腹にまったく動じない。いろんな意味で不安になってきたので
「とりあえずクラブが関連している事は間違いない」
という方向性を立て追及してみることにした。クラブを少しの間でも手放すことをかたくなに拒んでいたのだが、こちらの説得には何とか成功した我々は、そのまず第一歩としてクラブの測定調査を外部へ依頼したのである。




 そういえば彼はゴルフの事で悩んでいた。年齢も含めて飛距離のことでも魅力を感じなくなっていたようにも思う。
 人の弱みにつけ込んだものなのか…とも考えたが彼の性格をしっているからそれも考えづらい。

 調査を待つ間、その行動にも目を注いでいたが、ライフスタイルは変わらない。淡々と業務をこなし、パソコンでなにやらチェックしたかと思えば、指定席ともいえる喫煙所で相変わらず奇妙な仕草を繰り返し、そして満足したかのように業務に戻る。その仕草以外変わったところは見当たらない。

 最も不可解なのはゴルフとは到底思えないことだ…
 別の趣味を持って始めたというならすんなり話も出来るのだが、ゴルフと言われると異質なものとしか感じることが出来ない。仕事の合間や電車を待っているでも何も持たずに素振りをしている光景に出くわす時がよくあるが、それは見慣れたゴルフのスウィングだ。込み合っている時は他人に危害を加えてしまうので出来ないだろうが、その彼は自分の立ち位置に対して少しのスペースさえあればすんなりとやってのけてしまう。回りは少しびっくりするかもしれないが、本人はこの時ばかりは自分の世界なのだろう。その僅かの空間でも心地よく動いているのも我々の脳をパニックに陥れている一因でもある。

 今、少し離れたところで見ている我々は一様に願っている…
「無事戻ってきてくれ……」
と…


にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ用品へ人気ブログランキングへ
 ゴルフクラブ屋 S&Eスポーツ でございます
どうぞ よろしく~!

category: 魔界の扉

[]

page top△

これはどういうことだ?!


ゴルフクラブを立てておく
これは随分と難しいことのようだね
支えをはずしちゃうと 途端に倒れてしまう…
そのままの状態でいてくれるのは ほんの一瞬でしかない
007_20120128041050.jpg009 (2)
011 (2)014_20120128040641.jpg






グリップ握って力で対抗すれば 簡単だよ
ドライバーの場合 総重量は たかだか300~3★0g程度
軽量タイプのものだと これより 十数グラムも軽い
だからとって やりたいように 力任せでスウィングしちゃうと
後半必ずしっぺ返しを食らう
これなんかは 数十キロにもなったクラブを制御出来ずに崩されてしまった形だけども
ここからさらに ヘッドを戻す作業が必要だっていうんだから なんとも…

009-1_20120125205645.jpg 

これだけは憶えておいてね
スウィング後半のクラブは 数十キロ
対決を望む そして ねじ伏せる
そんな動きをやりたいなら お好きにどうぞ!…だけど
それもまたひとつの方法 には違いない!…けれど


39840f4b37b193e117550b8b06a32de2_l_20120128041738.jpg


ゴルフクラブが立った時のスウィングイメージをお伝えしておこう!
スウィング中 終始 クラブは体の幅の範囲
それ以上はクラブを動かしていません

そして ダウンスウィング中 腰から下の区間
ここが必要になるのはボールに当る時だけです




100729akuma_tensi_20120128042212.jpg

この呪文も理解度によっては
ものすごく共感してくれる場合もあるだろうし
はじめたばかりの人やカタイ カルイ クラブを使っている人にとっては
チンプンカンプン?!かもしれない
でも あせる必要はないんだよ
多少 時間の差はあっても
あきらめない限り 必ず出来るようになる

なんでかって?
だって クラブ構造にのっとった動きなんだよ
重力とは極力対峙しない方法なんだよ
まして 骨格構造にも違反していない動作なんだよ
スウィング中 最大荷重のかかるインパクト
その衝撃も このヘッド重量 だよ
ボールなんて楽々運んでくれそうに思わない?


でも その時間に ちょっとした時間にも耐えられないんだろうね
気持ちはわからないでは無いけどね
これまで汗水たらして 頑張って
やっと当るようになったスウィングならなおさらかも…


でもね
もしこれまであたり前と思っていたこと
当然のようにやっていたことなんかが
まったくする必要がないものだった
なんて知ったとしたら どうする?

とりあえずでも ボールに当るようになったそのスウィング
繰り返し それも1発で決めなきゃならない状況で
簡単だと感じているかい?
今のスウィング それが数年後 数十年後 続けて出来そうかい?




維持することより進化していく方を選んでみようよ!!!

こんなブログにもたどり付いたのも 何かの縁
もしかすると 何かを変えられる大きなチャンスなのかもしれない
これまで そのきっかけが無かったのかもしれない
そのチャンスをみすみす逃してしまうのも
しっかり掴みとるのも それは自分自身に掛かっている!

勿論 どんな選択をしようとそれは個人の自由だけど
やると決めた方には こちらも協力は惜しまないよ!

クラブ自体はどこにいたって 極端な話 家を出なくたって買える
値段だって 探せば安いものもいっぱいある
でも ほとんどの場合 それで終わり でしょ
安い 買った 打った ダメ 売り飛ばせ
この連鎖でネットオークションなんかは成り立っているんだよね
それが 全部が全部ってわけじゃないだろうけどさ
なんか さみしい気がするな~

クラブが届いて 試してみて
その後のやり取りが ホントは重要なところだと考えているし
そこに 楽しさも潜んでいると思っている
そういうのって 現代では受け入れられないのかしら?
ただ 安ければその方がいいのかしら?


 
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ用品へ 人気ブログランキングへ
みなさまの 温かい投票(クリック)が頼りでございます
どうぞ よろしくです
S&Eスポーツ

category: ゴルフクラブ屋

[]

page top△

ずっと楽しみたいもんです




にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ用品へ
 人気ブログランキングへ
 

category: スウィング

[]

page top△

ゴルフクラブが立つ!

ゴルフクラブは立てて使う!
これはクラブ扱いの中では 基本中の基本!!

それは何度も何度も言われてわかっちゃいる
わかってはいるんだけども いざスウィング ボールを打つとなると…ね~~~
寝かしこみ技炸裂スウィングになってしまうのだから
なんだかな~ってとこかもしれないね

009-1_20120125205645.jpg

確かにゴルフクラブは 頭でっかち
その重量の多くがヘッド 先端に配置されている構造です
ウチでもちょっとこのことは悩んでいます
って言っても その悩みはみんなとはちょっと違うかもしれないケド

なかなか カッコいいレイアウトになってくれないんだよ…

038_20120126223703.jpg

角度によってはすぐ倒れてしまうし
ちょうどいいとこがあっても ヘッドは回ってしまうし
それだけならまだいいけれど
ウチのは 頭 重い!からね~余計に…
これは磁石のフックなんですけど 大きいのにしました



よっ!はっ!とおっ!
015_20120126224805.jpg 
016_20120126224815.jpg


別にふざけているわけではありません
クラブの重量配分 その特性を体感中なのでございます
なかなか 立ちってとどまろうとはしてくれないですね
この状態はバランスが悪いってことですけど
逆に さっきまで重かったヘッド重量もここでは軽く感じます
それはそうですよね 長さが消えた状態ですから



017 (2)

対してバランスがいいところ
これは そのまま じっとしていてくれます
その点を支えられれば クラブはそのままの状態を保ちます
しかし 実際持っているところは はるか手元
ヘッドから最も遠いところです
この状態でそこを持つとなると 今度は重~~~い!
先ほどと同じクラブとはとても思えません
こちらは長さを目一杯使っている(掛かっている)状態ですのでね
重いよね

018 (2) 



ヘッドを使ってスウィングし 衝突に有利な姿勢をとる
その為に重くしているというのがあるんだけども
インパクトの衝突のイメージは出ても

スウィング 人間の動きに対しては どうも逆になっているように感じるね

単純に言うと 重さを被ってる っていうこことになるんだけど
そうしてしまうと 重さの意味もおかしな方向に連れていかれることになるし
もし 持ち前の力技で処理出来たとしても 飛ぶ姿勢とは程遠いものになってしまっているでしょう
重いヘッドのクラブを使って なおも重い状態に扱うことになってしまうと
その装着されているシャフトは かなりやわらかいシロモノ
その効果?も手伝って 余計に扱いづらく感じてしまうことでしょう

047_20120126230215.jpg
重いヘッド(クラブ)を重く感じないように
しなるシャフトはしならさないように扱う

まるで 呪文のようなこの言葉
その呪文がそのまま呪いになってしまうか
それとも ありがたい経典となるか

それは 立つか立たないか
そこが重要になってくる


にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ用品へ 人気ブログランキングへ
いつもクリックありがとうございます
S&Eスポーツ

006_20120126233707.jpg 010 (2)
ウチの2トップ パターマットでウェッジ練習が趣味のようですネ!
それぞれブログを展開中です!

悶絶ゴルフのブログ時々バイク
http://blogs.yahoo.co.jp/ryoujit1300

目指せ72ゴルフ奮闘記
http://blogs.yahoo.co.jp/koto_48club

ぜひ こちらもどうぞ!


category: 脳内イメージ

[]

page top△

変化し続けるロフトで打つ?

024_20120125203541.jpg  

最後の最後に残ってしまった変な形
これがインパクトでは元に戻っている?!ということで
今度はクラブ測定という側面からみてみましょう


011_20120125194006.jpg 

ロフト角度というのは シャフト軸線とフェース面との角度をさします
このクラブは7番アイアン
ちなみに 計測値は 34.5度です

そこで 上の画像の形にセットしたとしますと
こんな関係になります 非常に残念な姿勢です

014_20120125194801.jpg

勿論 正確ではありませんが
一応 計測すると 示す角度は 60度
え?!って思うかもしれませんが ナンド見ても 60度 です

いくらなんでも それは無いでしょ
では その半分ぐらいにセットしますと

015_20120125195718.jpg

そのロフト角度は 43度
43度っていうと そうですね
だいたい9番アイアンくらいの角度になりますね
そういうふうに動かしていくと
どこかの地点で このクラブの角度
34.5度の位置が一点だけあって
それ以降はというと 先ほどと逆
ロフト角度が立ってくるようになります

上から見た方がわかりやすいかな
021_20120125201137.jpg020_20120125201212.jpg
027_20120125202006.jpg
019_20120125202400.jpg018_20120125202426.jpg


ちなみに この位置(左)で 27度
ここまで来ると(右) なんと 18度 になります

で 単純にこのロフト角度はどうなりましたか?
60度から18度への変化をしているんですよ
ヘッドローテーションをロフトという側面からみるとこういうことなんです

その動きを飛ぶ方向やボールの出だし
つかまるとか つかまらないとか
そんなことでみるのは
二の次三の次
いや
四の次五の次

これじゃあ そもそも持っているクラブが
何番なのかも よくわからない
そんな状況で 他のこと言ってもね はじまらないよね

kyoei9_20120114000017.jpg 
(アイアンもちょっとした企画を画策中…)


ちょっと話はそれますけど
ヘッドには重心距離というものが存在します
クラブの構造上 重心点がシャフト軸線上に無いことから
その距離を表した項目のひとつ ですけども
(重心点は重心距離・重心深度・重心高で通常表される)
重心距離が長いものはヘッドターンしづらい
とか
コントロール重視の方は重心距離が短いものが合っている
とか
どちらも この動きを容認した説明です
まあ 平たく言えば この重心距離は邪魔
そう言っていると思って間違いではありません
ヘッドの位置情報 向き情報 使い方によっては
ボールまで拾ってくれる この便利な構造も
邪魔と言われちゃあ 怒りますわな
009-1_20120125205645.jpg




戻りましょう
そのスウィング自体はちょっと置いといて

この現象 ヘッドが回転していること自体が
ボールに当る瞬間まで何度のロフトになるのかわからない打法です
これが有効な手立てだと思いますか?
 

確かに その1点 を再現できる
繰り返し行うことが出来る
そんな 超人がいることも事実ではあります
その人間離れした技に挑戦したいというのなら止める必要は全くありません
日々の鍛錬に引き続きご尽力くださいませ

でもね この動きに
ちょっとでも疑問に感じることがお有りでしたら
ウチは役に立つと思いますよ
いつでも お問合わせくださいませ
sandes@mxi.netwave.or.jp

一端動きを憶えたら 同じ事繰り返し練習なんかしたくないでしょ
そんなことしなくていいように
繰り返し出来るように
ゴルフクラブは出来ているんだから

030 (2) 

それをわざわざ おかしな方向に持っていく事ないじゃない
せっかくそうなっているものは ありがたく使わせて頂きます
っていうのが ウチ
S&Eスポーツ
の考えているところです


にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ用品へ人気ブログランキングへ


何かに突っ張っている 合わせているって
なんか しんどくない?
 

category: クラブとスウィングの関係

[]

page top△

S&Eスポーツのアイ その3


「ボールをよく見ろ」

はたして この真意はどこにあるのでしょうか

ボール凝視推奨派
こんな派閥があるのかどうかは知りませんけど
ほとんどの方が ボールをよく見る このことに反対票は投じないでしょう
圧倒的大多数 もしかすると 完全勝利 かもしれません

わたくし ただの天邪鬼なのかもしれませんけど
数が多いからと言って ハイそうですか とはいかないタチで…
それが特にスコアがいい人に言われると 余計に疑いを持ってしまいます
イヤ 別に変な意味じゃなくってね
ホントにそうなのか ただ自分で納得したいだけなんです

045 (2)

ということで ボールを見る これを検証してみたいと思います
前回の実験からもわかるように ボールを見続けた場合 その視界は変化しません
そこから考えられるのは アドレス時に作られた ボールと目の距離
これを 変化させたくない という表れともとれます


ヘッド(クラブ)が描く円形の平面
これを描くには 支点となる個所を固定する必要があります
つまり 体のその部分は動かせたくないわけです
その意識でスウィングすると ボールが視界から外れることは勿論
見えている位置もほとんど変化しません
ボールをよく見ろ というのはそういう感覚から来ているのではないでしょうか
(ホントに見て打てるんなら 多分こんなに苦労して無いでしょう)

ですから 頭を動かすな というのも同じ事
同じ事と言えば 忌み嫌われている スエー もそうですね
どれも たどっていけば みんな支点(軸点)の作成作業ということになり
どれも固定するという方向に向かってしまうんですね


ま これだけ大勢でやっているのですから
さぞかし効率のいい方法なんでしょう
ということで 進めていきます

kyoei5_20120124235023.jpg

頭を固定させることでトップを作ったとすると…
こんな形になります

006-2_20120124235128.jpg

現在はこの形がいいトップとされているようですので
もう説明はいいですね
ということで ウチでは

作 り 方 
    ではなく
       分解(解剖)
            してみましょう


まず前傾をといてみます
するとこんな形です
えらく横殴りな感じがしますね

023_20120125000048.jpg

次いで 腰付近を戻します
それでも 肩付近のねじりが残っているので それも戻します
すると こうなりました

025_20120125000129.jpg

アドレス時より 右肘折りたたまれているのでそれも戻します

026.jpg

これで一応元にもどると思っていたのですがね
クラブ(ヘッド)を見ると 何やらおかしなことになっているんですね

アドレス時 そのまま前傾をとくと どうなりますか?
必死になって?合わせたそのヘッドです
それが えらく変な形になってやいませんか?
それを元に戻すには
手首周りをいろいろとする必要があるように思いますけど?
もしそうなら それを 手打ち と呼ばずに何と呼ぶの?

さて 

腰付近の動き
肩付近の動き
右肘の動き
手首の動き 

そこで考えて頂きたいのは これらの動きが
どこの関節?で行われているか です
そして どの方向に動いていたのか です

関節が関節のあるべき方向に使われていたのならばずクリアです
もし そうでないなら その動き自体は排除した方が健康には良さそうです
そして もうひとつ
肝心のクラブは全く違う姿勢になっているのを どう処理するのか

一度整理しておいて 損はない と思います

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ用品へ人気ブログランキングへ
いつもクリック頂きまして
誠にありがとうございます
S&Eスポーツ

category: 脳内イメージ

[]

page top△

S&Eスポーツのアイ その2

 さて 昨日のつづきです


017_20120123224829.jpg

セットアップ中はボールと視線が合っています

て アドレスが完了しましたので以降の視界の確認作業ですけども
どこかと言われれば こんな関係でしょうかね

018-1.jpg

なんて言えばいいんでしょうね
視線はひょっとこさんの目と合っている感じです?!

これも最初に言っておいた方がいいのかもしれません
この位置でも決して凝視しているわけではありません

眺めている
ん~~~ 目に映ってはいるけど 見ていない…
ん~~~ 言いづらいですね…


020_20120123225635.jpg

スウィングが始動しはじめました
そこで この画像を比べてみて下さい
これも ちょっとわかりづらくて申し訳ありませんが
出来るだけ 視線に近い感覚でシャッターを押したものです

先のが わたしの視界
そして もう一方が ボールを見つめた視界です

019_20120123225755.jpg 
上の画像は どちらかと言うと
ボールのカゴ に焦点が合っているように感じます

下の画像は
はじめと全く変わっていないように思います



021_20120123230028.jpg 
進みます

これもクラブ位置 体の向き量
共に同じ位置から撮影しています

022_20120123230152.jpg 

違いは言うまでもなく 視線だけです
アドレス時と変わっていません
無くなってしまったのは クラブ
そして代わりに現れたのは 左肩 です


これも誤解を与えるかもしれませんので付け加えておきますと
だからといって今度はクラブを凝視しているわけでもなく
これも視界に入ってはいる 映っている という表現になります
(余計ややこしいかな)
じゃあ どのあたりか
あえて言うとするなら マットとの境のレールぐらいかな~




どこを見ているのか これでわかったのは
 
それは特定できるというものではなくて

自分の視界は スウィングの進行に伴って動いている

というものでした

なんだかはっきりしませんね

でもそれもそのはずです 本人は

スウィング中 ボールなんて全く気にしていないのですから

027 (3)

「ボールをもっとよく見ろ!」
これはイヤになるほど聞くセリフです
特にはじめられたばかりの人がよく言われることだと思います
そうでなくても 普通に あたり前に通っている言葉です

ここで
「ボール見てるから うまくいかないんだよ」
なんて言おうものなら もう相手にしてもらえないかもしれませんのでね
ご注意くださいませ



ウチは関係ありませんので 好きな事言わせてもらいますと これが
スウィングを下手にする要因ではないんですかね

うまくいかないだけならまだいいですよ
体の破壊行為を導く呪文(お札)だと思うんですね

07148d7f7138c0c6_20120123232128.jpg

いくら振っても振ってもボールに当らなかったら
このセリフになるのも わからないではないけれど
長い目でみれば それが今の根本原因だったりするんですよ
もちろん アドバイスする方も 悪気があってしているのではないことはよくわかります
でもね…


ゴルフを始めたばかりの人が
ボールを見ていないわけないじゃないですか…


でね…


腰が痛い
これはもう流行らない とばかりに 次の流行語が出来あがっているようです
それは 首が痛い
これからのゴルフスウィングは 首 がキーワードになるんでしょうか
腰を痛めただけでは不十分なんですかね

もうそろそろお腹いっぱいです~~~体を壊した話は

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ用品へ人気ブログランキングへ
いつも クリック ありがとうございます!
S&Eスポーツ


category: 脳内イメージ

[]

page top△

S&Eスポーツのアイ


視覚情報に騙されやすい
ゴルフスウィングは特にその傾向が強いと言わざるを得ません


というわけで
わたくし個人の目に映っている情報をお伝えしてみようと思います
それがはたして プレゼント となるかどうかは知りません
もしかすると 余計に迷う?! ことになるかもしれません
無責任なようですけど どう活用するか はお任せいたします
また 読む読まないも 各個人でお決めくださいませ


435309-1_20120122033524.jpg 


では行きましょう
アドレスに入る際 ボールに対してヘッドをセットします
飛ばしたい方向 や 弾道(球筋)
そして おおよその自分の立ち位置もここで決まります
飛球線に対しての体の向きのチェックも欠かせませんね
この時 ボールとヘッド これに視線が合っていますし
体の向きも 勿論 目 も頼りにしています
ここまでは やっていることは そう大差ないと思います




が ちょっとここでチェック!
だかだか数行の何の変哲もない文章ですけど
違和感をおぼえた人 いない?
なんとも 思わない?
あら そう
じゃ そのまま続けましょうか


009_20120122034306.jpg


一端セット出来たその後は
決してボールを凝視していません
どこかと言われれば あえて言うなら
体の向き(正面方向)の約20cm程度ズレたところです
写真をとる際 その中心に目標となる点がありますけど
その画面で言うと ボールはやや下に映っている状況です
確かに 視界には入っています
入ってはいますが 目からレーザーが出ているとすれば
それはボールでは無いということです 


008_20120122034647.jpg


余談になるかもしれませんが
よくこんなアドレスを見かけます
他にも理由はありますけど ボールと目線を合わせようとすると
こうなりがち 頭って重い!ですからね
この状態で支えるのはキツイことです
(で 支えるのをやめれば うなだれたような構えになります)
まして これから目一杯の労力(スウィング)を必要とするのですから
こんなところにエネルギーを使う訳にもイカンのでしょう
(というのは私の想像ですけど)

この2枚の画像 あんまり違わない?
本人よほど崩している つもり なんですけどね…


で それ以降です
セットアップは完了しました
後はスウィングに映っていくのですが
ひとつ問題発生!
こんな内容で書き始めたのはいいんですけど(いいのか?)
その後 何を見ているか 文章にならない?!
書こうにも これと言った映像 景色が浮かんでこないんです…

ということで
再確認の意味で明日 もう一度見てきます
自分は何を見ているのか
んでも おかしな話ですよね
何見てるかわかんない なんてね
まるで夢遊○者ですよ


035_20120122223637.jpg
042_20120122223722.jpg
038_20120122223652.jpg

ミステリー
ドライバー
ウェッジ付き
限定12本 企画!
残り 8本 となりました!




ま 確かにクラブに求めてる内容は 傍から見れば
夢物語 でしょうけどもね
大勢の方が 多くの時間を使い 大量の投資をしてもなお
得られるかどうかもわからないことを
何を見てるのかわからない状態でやってのけよう!
っていうんですからね

それも一端おぼえれば 以降 練習の必要性を感じない
こんな簡単な方法
ナゼ今まで採用しなかったの?って思うかもね

あんまり調子のいいこと言うとなんなんで
ちゃんと見てきます
自分の目には 何が どのように 映っているのかを

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ用品へ 人気ブログランキングへ
ちなみに 今日の内容で必ずと言っていいほど使われるはずの
単語(クラブの部位を表す名称)が登場していないことに
気がつきました?

S&Eスポーツ

category: 脳内イメージ

[]

page top△

ゴルフクラブを持っているんだよ


ゴルフクラブはというと
地面にあるボールを
人間にとって地面に無いかの如く扱わせるための道具

これが大きな役割のひとつ
だと思っている

045 (2)

地球上にいる
これは重力からは逃れられないってことだけども
なんだか この重力と真っ向勝負しようとしている
スウィングという動きでね
クラブという単なる負荷を背負わされた状態でね

オンプレーン
そう言うと軌道のイメージが湧くかもしれないからこれを使わせてもらう
そのスウィング中は 常に重力によって負荷をかけられている
それは クラブだけではなく 自分の腕 そして体にもね

009-1_20120122002850.jpg

その状態で
思い描く軌道をそのままなぞることが有効だと思うかい?
まして その先端には総重量の6割以上の
しかも 重心点のズレたヘンテコリンな形状のヘッドが付いているんだよ

015_20120122002939.jpg

ボールを真っ直ぐ目標方向に飛ばしたい
そう願うのに その動きは 回転による動きがメイン
っていうか それしかないんだよね
球体のボールに対して円運動で力を与えて
ボールだけ真っ直ぐ飛ぶ…
なんか上手くいきそうな感じなんですか


もし クラブ自体を投げ飛ばしたいなら
それは有効な方法かもしれません


って違うでしょ!
飛ばしたいのは クラブじゃなくてボール
そのボールを有効に飛ばす
その為にクラブを扱う方法を身につけないとね

その過程で
重いヘッドにやわらかいシャフト を持っているのと
軽いヘッドに硬いシャフト を持っているのと
自ずと導き出されるものは違います
っていうか あたり前 だよね

その衝突に対して十分な重量を持っていれば
無理にヘッドをなんとかしようともしないだろうし
十分動くシャフトであれば
体を代わりにしならせることもしなくて済む
そして 重力は対抗するものではなく利用させてもらうものだ
ということを知るでしょう

sw_20120120234620.jpg 

打ちやすいクラブ
この言葉の意味合いは 振りやすい を意味しているんじゃないよ
ましてや クラブ構造からも体の骨格からも
間違った使い方をしても真っ直ぐ飛ぶ これを
簡単なクラブ
と呼んじゃいけない
スピードを求め体をねじる
この破壊行為を受け入れるとすれば
それこそ 魂を売り払わないといけなくなるよ

打ちやすいクラブ とは
十分な破壊力(重量)を持っていることで
人間側で特別な作用を加えなくても大丈夫という意味合い
簡単なクラブ とは
骨格に沿った動きの中で行い 筋力にも左右されずに行える
つまり 誰もが出来る動き で打てるということなんですけども
そこにある ゴルフクラブは振り難いもの ということになるんですよ

kyoei5_20120122003419.jpg 



それをね 気付いてくれば
あっけないほど単純にあっさりと打ててしまうものなんですけどね
技術というよりは ちょっと思考が凝り固まりすぎ?かな


にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ用品へ 人気ブログランキングへ

よ~し そこまで言うなら一丁試してみようか!
そんな 挑戦者 いらっしゃいますか?
楽しみにお待ちしておりますよ~~~!
S&Eスポーツ

category: クラブとスウィングの関係

[]

page top△

オリジナルアイアン ウェッジ



にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ用品へ 人気ブログランキングへ

category: 製品情報

[]

page top△

下から逃れられないんだろうね


アドレスを見れば 一発でわかる事なんだけども
普通に話をしていても それはうかがえます

ボール位置と自分の関係です

005_20120120233604.jpg

ゴルフは地面にあるボールをクラブを使って打つ
そして 目標まで運ぶ という目的があります
スウィングとは その目的に対して クラブをどう扱うかというものですけど
その時 クラブがどのような役割をしてくれているのかによって
その為の動き(人間側)は違ってきますよね
また 自分がその位置関係をどうみているかによっても当然違ってきます

007_20120120233649.jpg 
015_20120120234109.jpg 

ボールを下にみている場合
クラブのヘッド重量の意味 その重量が先端に配置されていることが
振り子としての役割として見えてくるんでしょう
こう動くと 下にあるボールに届きそうな感じがしますし
カッコいい?!プロの映像とも合致するでしょうし

振り子の動きを自分で振り子のようになるように動かすこと
なんだか舌を噛みそうな文章ですけど
そんなスウィングイメージになると思います
そう言うと 手首なんか使っていない!と怒るかもしれませんけど
それが肩であろうと まだ別のところであっても
支点となる部分が変わっただけで やっていることは同じ事
要は 手(腕)以外に意識が移ればそれでいいのかもしれませんけどね
それで俗に言う 手打ち をしていないと思っているのでしょう


だったら もっと飛んで 方向も定まる はずだと思いませんか?


手打ちなんかしていない
体で振っている
オンプレーンも意識している
人一倍練習もしている

なのに ナゼ?!

進んで行くのは ゴルフの腕前じゃなくって
 体の故障ばかりなのは不思議だと思いません?






繰り返しになりますけど 皆さんが認識している 手打ちはダメ
言葉としては合っている かもしれませんけど
これは 手(腕)をほったらかしにするということでは無いんですよ

なんて言ってもね…
人間 凝り固まってしまうと 他のことは
頑として受け付けなくなっちゃいますからね
仕方が無いのかもしれませんけどね
体が硬いことに嘆いている人は多数いるんだけども
シャフトが硬い事に疑問を感じる人は…いないね~
ホント 選ばれた人だけがわかるものなのかもしれないね
この世界

sw_20120120234620.jpg

ちなみにね
手(腕)をほったらかしにしたスウィング
それを 駄々っ子スウィングって言うんですよ
この意味は…言わなくてもわかりますよね
こっち側の人は


ボールは地面にあるけれども
ボールは自分にとってそんなに下には無い

この暗号のような文章を解読できた人は
スウィングの理屈がある程度繋がった人です
もしかすると その動きと道具の構造の意味も理解出来ているかもしれません
そしてその時 持っている道具は 世間とはかけ離れたブツだと思います


にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ用品へ人気ブログランキングへ

S&Eスポーツ
776-0014
徳島県吉野川市鴨島町知恵島770
sandes@mxi.netwave.or.jp
練習場(0883)24-6789
Fax(0883)22-0555
携帯090-1002-1035

category: クラブとスウィングの関係

[]

page top△

ミステリー CF-460HT





にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ用品へ
人気ブログランキングへ

category: 製品情報

[]

page top△

ゴルフクラブが出来るまで その3


アイアン用の番手別設計のシャフト
これは 一応 ヘッドの番手に合わせたものになっています
ですから アイアンセットを作る場合
例えば 5番からピッチングまで作るのであれば
それに対応したシャフトで作るというのが一般的なところです

対して 1本のシャフトを使ってセットを作る場合
(もうほとんど無くなりましたけど 一部残っています)
これは 5番からピッチングまで 同じシャフトになります
ですから 硬度差を出すために 先端カットしながら
番手間が揃うように調整していく方法になります

kyoei9_20120114000017.jpg


ちなみに シャフト振動数は 番手が上から下に行くにつれ
だんだんと数値が高くなります
グラフにすると 一定の勾配で直線になります
番手別設計のシャフトでその基準どおり組めば その勾配も一定になる
はず
なんですけどね…
シャフトも工業製品ですから誤差を無くすなんてのは到底無理な話
バラつきが常識の範囲ではあるものですが
だからといって そのまま組んで
それは仕方が無いことだから あきらめて
では 使う側にとっては納得しがたいですよね

003_20120118004545.jpg 
009-1_20120117235944.jpg

ウチもクラブ測定をしていますけど
一般的なクラブで この振動数が揃っているセットは
お目にかかったことが まだありません
冗談抜きで かなり眼球が動く折れ線グラフになるのがほとんどです
チャートで言うと 乱高下 といったところでしょうか
 
もし その状態で 打てているとするなら
ウチらの世界では ホント不可思議な現象です
だってそうでしょ
フレックスに置き換えたとすると
5番は S 6番は R 7番は X でもって8番は R …
こんな感じのセットってことですから…

ここは はっきり言いましょうか
それでも なんら不都合はありません
それが 例えシャフトが何であろうと
どんなメーカーであろうと
どんなフレックスであろうと
重量さえ合っていれば それで済むと思います
その方にとって硬いシャフトは
動かない棒 それ以外なにものでもありません
動かなければ 関係ないですからね
逆に言うと 動かない方が好都合なのかもしれません
組むのも簡単ですし コストはかかりませんし 買う方も安いですし
見事に三拍子そろってる?!



そうかな~
そこから出来あがるのが
結局そのねじりスウィングでしょ
それで体の故障が公傷になるっていうんだから
認知されたものなんでしょうけど
一般の人はそれでもうやめちゃうよ
やっても飛ばない 上手くいかない 体は痛い
こんなの誰が楽しく思うのさ
ゴルフ人口が減っているって嘆いているけど
それを景気だとか 政策だとかのせいにしないで
もしかすると
自分たちの手で減らしているのかもしれないよ


またそれかかってるんで戻します
セットとしてクラブを組む場合
シャフトの調整は 絶対に欠かせません
カットしては計測し またカット この繰り返しになります
それは ミリ単位の作業になるんですけど
相手は カーボンですから その作業には気を使います
摩擦熱って結構なものですからね
その点 ウチにはすぐれもののシャフトカッターがありますから
安心して作業が出来るんですけどね
コイツはホント頼りになる相棒です

033_20120118005355.jpg 
モーターで水を循環させ熱を極力抑えた水冷式シャフトカッター
ちなみにそのカットは0.5mmなんてのも余裕です


それでも 目的の数値にならない場合は そのシャフトは使いません
ですから 1セット組むのにその本数でOKを出せるのは
ほとんど無いというのがウチの現状です
 
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ用品へ 人気ブログランキングへ
いつもクリックご協力どうもです!
感謝 感謝!
S&Eスポーツ

category: ゴルフクラブ屋

[]

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。