07// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //09

転ばぬ先の杖 メゾンゴルフ(旧S&E sports)のゴルフクラブ

これでボールが打てちゃうの?ゴルフクラブとしての機能を享受できれば新たなステージがみえてくる クラブが創り出す不思議な境地 そんな扉を開けてみないか! 〒776-0010徳島県吉野川市鴨島町鴨島556-19 E-mail sandes@mxi.netwave.or.jpTe/Faxl(0883)36-9292 携帯090-1002-1035

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[]

trackback: --   本文: --   

page top△

ボールのつぶれ

いきなりなんなのですけど…
「ボールがつぶれる感触って知ってます?」
「………」

sw1-2


ボールは基本ゴムで出来ています
クラブはドライバーにしろアイアンにしろ 金属製
どちらが硬いのかは明白です
両者が激突すればどちらがつぶれるのかも想像はつきます
なのにほとんどきょとんとされて何を言っているの?的な扱いです

そんなに変なこと言ってますか?

クラブにはロフト角度がついています
スウィング方向からするとボールに対して坂がついた状態です
最新のクラブを持っている イコール ロフトの立ったクラブを持っている
にもかかわらず ボールのつぶれ を実感しておらず
逆に古い(申し訳ありません)昔のクラブを使っている方と話があうことの方が結構多いのですから驚きです

ストロングロフトというのが流行りになって今や超ストロング
それがもはやスタンダードになろうとしていますが
その手のクラブをお持ちの方ほど ボールがこすれている という現実があって…
ロフト(坂)は絶壁になっているにもかかわらず…です

ロフトを立てて使う

ゴルフクラブを扱う上では非常に重要なことです
そう扱うのではなく クラブのロフト自体を 立ててしまう…
クラブ側で処理することで人間が行う動作が減り簡単になる
この発想は大好きですが、このロフト行為はあまりに単純すぎます
そのことに対する影響というものがまるで考慮されていません
現実問題としてボールのつぶれを体感している人もあまりいないようですし

ヘッド跡を見てもそれは明らかです
ボールとヘッドがうまくコンタクトした場合、ディンプルまで確認できるような跡がのこるのに、爪で引っ掻いたような、こすりつけたような跡になってしまっています
打った状況にもよるでしょうが、目標へ飛ばすためにはそうせざるを得ない
裏をかえせば つかまれば困ったことになる
というのが理由でしょう

さらに始末が悪いことに、その扱い方でかろうじて飛ぶのは8番アイアンぐらいまで
その証拠にバックの中にはユーティティークラブがわんさか入っているというのがパターンですから


よく飛ぶ8番アイアン?があって

みんなセットで買ったはずの5番アイアン(+6番アイアン)がお蔵入り…
枯葉も山のにぎわい?状態って…

これってみんな不思議に思わないのですかね



スポンサーサイト

category: クラブとスウィングの関係

[]

page top△

それは時間と呼ぶのか

ボールが飛んでゆく
それはヘッドがボールと衝突することによっておこります

ドライバーのインパクト その時間は
約5/10000秒…1/2000秒…0.0005秒…

平均的なアマチュアのヘッドスピードを
約40m/秒だとすると
2400m/分…144km/時…

この時間とスピードの中で起こるほんのほんのごく僅かの一瞬の出来事
それがインパクト
その衝撃力はゴルフの場合約1tとも言われています

途中何をやっても、打つ前に祈っても、ボールには関係ありません

その衝突ですべてが決まります

衝突を考えてみる…までもなく
その破壊力を上げようと思えば重量が大きい方が有利であることはわかります
ゴルフクラブはヘッド、シャフト、グリップ この3パーツから出来ています
その重量はヘッドが一番重く、全体で見ても60%以上がヘッド重量に配分されています
このことから見てもヘッド重量というのは欠かせないものだということがわかりますね

algrand-w-2.jpg
アルグランAD-01 中古になりますが、まだありますよ!

スピードを上げるのもひとつの手であることは間違いありません
単純にスピードを上げようすれば 軽量化 ということになるかと思います
現在の製作技術をもってすれば、今よりもかなり軽量化することは可能です
にもかかわらず総重量の60%以上という配分にかわりはありません
ヘッドを軽量化することで 本当に ヘッドスピードが思ったように上がるのならどんどん推し進めてもいいように思いますが…
(ちょっと本気でそっちへ行こうとしている気配はあります)


世の中にはルールというものがあります
学校でも会社でも社会生活をする上では守らなければならないものが沢山あり、中には理不尽に感じることもありますが、やはりルールですからこれも致し方の無いことでしょう
そんな偉そうなことを言いつつ、つい先日、ちょっと日本の治安を24時間守ってくれている組織の方のご厄介になってしまい、日本車のスピード性能の高さを実感させて頂いたところです
その指導内容は「この道路ではこの決められた速度が効率と安全、両面から考えられたものなので、その速度を守ってもらわないとすべてが崩れてしまうのです」とのことでした

スピードに対する代償…
考えてみれば確かに大きいものです
自分の事だけじゃないですし、無理して追い越ししたところで次の信号でその車は後ろにいた
なんて悲しいこともよくあることですものね
急がば回れ くれぐれも安全運転で行きましょう
(お財布にも安全ですしね…)


ゴルフも同じだと思います
確かにスピードに頼る気持ちもわかりますが…
でもただ闇雲にスピード出してしまっては本末転倒になるのは言わずもがな
ですから 相互関係が大事 ってことに納めるところを
日本人の勤勉さ?真面目さ?なのか

重力に逆らって(がんばって・筋力を使って)
ヨコにスピードを求めています


ヘッドは上にあるんだから…そんなの落ちてくるのを利用しちゃえばいいのでは…
しかもその出したスピード ボールに向いています?
もしそれがわかったとしても管理可能な領域ではない部分だと思うのです
超人 以外は

category: スウィング

[]

page top△

定説

やわらかいとボールは曲がる?
やわらかいと飛ばない?
やわらかいとダフる?


どれも定説のように扱われていますけど

ホントにそうなの?

限りなく???に近いんじゃない?
打つ機会があるとすれば、レディースクラブということになるだろうけど、印象としてはこれがかなりしっかりしてる
シャフトには L と表示は一応されているが

ヘッドがかなり軽い というのも判断をくるわせてしまう原因のひとつかもしれない
インパクト前後の動きはヘッド重量とシャフトの動きによってつくられるものだから
参考にならないとは言わないけれど本来のシャフトの動きというものは感じ難いかもしれない
ましてやいいシート・素材を使ってるとは思えないしね



学生時代はテニスをしていた30代の彼
ウチにあるブラックスピーダー特別使用を打ってもらった時のことなんだけども

持った時の違和感

打った時のインパクト
とのギャップに首をかしげるのに忙しそうだったね

ちなみに彼のマイクラブ
ヘッドは有名メーカーの最新モデル
シャフトもこれまたオレンジの最新モデル

グリップ交換に来てくれたんだけど

3gen-1.jpg


その装着されているグリップは流行りの?軽量モデルだ
もちろん本人が好んだグリップではないけれども
ハードヒッターを対象にして作られているのだとしたら
このグリップのチョイスはちょっとおかしくないだろうか
バランスを測ればそのセッティングで D1 だから

通常重量のものを装着すると
1~1.5ポイント低くなってしまいます


そんなこんなでこっちが作業している時間があるから
その特別仕様を打ってもらってたんだけど
いっこうに帰ってこない
心配になって見にいったんだけど
そこで 打っては首をかしげ また打って…
を繰り返しているわけだ

これは後から聞いた話だが、ここに来る前、別のところで練習してきたらしい
それも2時間びっちり…
この日の気温は36度…大丈夫ですか…

雑誌で読んだのと全然違う
聞いていたのとも全く違う
理由はよくわからないけれど
こっちの方が飛んでるし、感触もいい!


確かに褒めてもらって悪い気はしません
うれしいしありがたい限りです
けれど、その市販モデルと比べられてもね~ってのが
口に出しては言えない本音のところ なんだけど

それだけこの シャフトの能力が高い!
ってことなんだろうね

d1.jpg

         詳しくはこちらをどうぞ

               

category: ゴルフクラブ

[]

page top△

選択肢がもっとあってもいい

世間一般のゴルフ事情を見ていると
シャフトはフレックスで言うと S(スティッフ stiff)
これが基準になっていることは疑いの無いところだ
よほど高齢にならない限り R(レギュラー regular)という選択肢は頭の中にはないらしい
やわらかい方向に進むのはどうもマイナスイメージがつきまとうようだ

かといって、この逆もあまり無いんですよね

このところ X(エクストラスティッフ extra stiff)を持っている人もかなり減った
やわらかさがスウィングにとって弊害となるのなら
どんどん硬い方向に進む人がいてもおかしくないはずなのにそれもない


これってどういうことなんだろう?
みんなシャフトに何を求めているんだろう?

それほどSフレックスというのは
万人に合うスーパーフレックスなんでしょうか
ヘッドスピードにしても体型にしても年齢にしても違う
なのにこれだけの層で受け入れられている

飛ばしたい!と誰もが願っていると思うんだ
あれこれシャフトやクラブを変えるのも
少しでも遠くへ飛ばしたいからじゃないの?

468.jpg

シャフトが走る とかどうとか試打インプレッションなんかに出てるけど
その是非は別にして まずしなる という前提があってのこと
どんなに高性能で高価な最新式のシャフトでも
まずしならなければ ただの棒 です

確かに切り返しにしなりを求めると
ダウンスウィングやインパクトにかけて頼りなさを感じ
扱いづらいものになってしまう傾向にありますが
まずはしなるという第一目的は達成したことには違いありません

ちょっと宣伝になって恐縮ですが
ブラックスピーダー468 F4
このシャフトのスピード感やヘッドの追従性
ちょっと扱いに慣れてくれば
シャフトがすべてをこなしてくれる仕事師で
そのテンポになじめばこれまで振っていた作業が
バカらしく感じること請け合いです
興味のある方はぜひこちらへご連絡ください!
sandes@mxi.netwave.or.jp

シャフトにこれだけ種類があるにもかかわらず
なんだかほんのわずかの領域でしかみていないって
なんだか寂しい気がします
ちょっとだけ今までの枠から抜け出せば
全然違う世界が体験できるのにね

category: ゴルフクラブ

[]

page top△

振動数200アンダーの世界

それは未知の世界かもしれない
すぐには打てないかもしれない
こんなの作りやがって!と思うかもしれない

それでも一度は体験しておくべきだ~!
とここまで言わせるこのシャフト

ブラックスピーダー468 F4

007.jpg


どのメーカーに変えても
誰それプロが使っているモデルを選んでも
流行っているはずのシャフトに変えても
何も違いを感じない…そうじゃなかった?
雑誌に載ってるような試打インプレッションのような感想が自分の言葉で出てきましたか?

振動数200cpm

これが多くのアマチュアにとっての基準となりうるところ
そう判断するのは これまで数多くのゴルファーを見てきた上でのことです

振らなくてもいいはずのゴルフクラブ構造なのに
強制的に振らざるを得ない
そこそこヘッドスピードは出ているのに
さらにスピードアップを要求される
その負担の中 方向まで管理しなくてはならないとなると
もはや 超人 の仕事ですよ

ま、それでもね
健康的にスポーツとしての練習とか鍛錬とかのレベルならまだいいですよ
その要求されてる体の動きはもう普通じゃ見られない
思わず目を覆いたくなる人体構造破壊級なもので

その関節ってそっちに曲がるものなの?
背骨って捩じるためにあるの?
肩ってそういう風に使うの?
それって脱臼する方向なのでは…

関節を使わないから制御する筋肉が余分に必要になり
筋力が付けばその力によって内部破壊が起こり…
スウィング中使われている筋力は飛ぶ方向には向かわず
ほとんどが制御に使われている
そんな現実を知ってか知らずか
強要されていることは間違いのないことです

その酷いほど硬いシャフトと軽いヘッドとのダブルパンチによって
これまで散々頑張らされてきたのです…

もうそろそろ道具の恩恵を受けてもいいのではありませんか?
本当の飛距離を味わってもいいのではありませんか?

sw1-2

category: ゴルフクラブ

tag: 468  飛距離 

[]

page top△

クラブ振動数

ゴルフクラブの固有振動数を計測するものです。

v3.jpg


グリップ部を固定しヘッドを持ち上げることでシャフトは撓みます。
これを離すとシャフトの作用で上下に振動しますが、そのサイクルを測定したものがゴルフクラブの振動数ということになります。
cpm(シーピーエム)と読みますが、これはサイクル パー ミニットの頭文字をとったもの。
ですから1分間に何回振動するかということになり、

          一般的なSフレックスのシャフトですと
       この振動数は235~245cpm程度になります。


なぜ数値に開きがあるのかというと、フレックスには明確な基準がないために各社それぞれの方法で決めていますから、AメーカーではSでもBメーカーではRというものが少なくないというのが現状で、しかもフレックスはシャフト単体でのものですから、クラブの状態になればそのセッティングの違いによってクラブの硬さというものは変わってきます。

         一概にSフレックスだけに決めつけてしまうと
     後で痛い目をみますからクラブ選びの際はご注意ください。


クラブの持つ固有振動数はスウィングと深い関係があります。
スウィング全体のリズムを司っているのもこの振動数によるところが大きく、いくらがんばってもクラブが応えてくれないことにはどうしようもありませんし、ゆっくり振れ!と言われてもそれはシャフトが決めることですから自分ではどうしようもないですし…ですがひとたびマッチすれば心強い味方となるでしょう。

シャフトは大別すると手元がしまっているものとそうでないものに分かれます。
そこの感じ方には個人差がありますので多種多様のものを試してみるのがホントのところは一番いいのですけど現実的にはそうもいきませんし、試打出来るものとなるとさらに範囲は狭まります。

その際は振動数を目安にし、
どちらか迷った場合にはやわらかいもの(振動数の低いもの)
を選ばれると後々の対処が楽になるであろうことを付け加えておきます。

009-1.jpg

category: クラブの構造・機能

[]

page top△

はじまりはこのシャフト

忘れもしない衝撃的な出会い、それは2006年のことでした
長い構想からついに現実のものとなったそのシャフトは、眩いばかりに黒く光って鎮座していたことをよく憶えています
ついに完成したこのシャフト、これが…

ヘッドは共栄ゴルフ AD-01、グリップはゴルフプライド ツアーベルベットラバーという組み合わせ
全身黒に金のワンポイントというシンプルかつ威圧感のある感じ
(今でも現役バリバリ このクラブでゴルフを満喫している方も大勢いらっしゃる事でしょう)
乏しいボキャブラリーの中からやっと探し出した言葉が強烈というなんとも陳腐な感じですが、その時はそれで精一杯でした…

シャフトってこういうものなんだ
これまでの扱い方(扱いなんて言葉は使えないけど)なんてただ力任せにねじ伏せていただけ…
ヘッドの機能ってここで発揮されるものなんだ
なんだ、なんだ、なんだ…
恥ずかしながらシャフトというものが初めて体感することが出来たのもこのシャフトのおかげです

これまで理屈はわかっているつもりでしたが
それはただの他人の言葉をなんとかこじつけて繋げただけだったのが
ここへ来て初めて、ただの記憶だったものが自分の経験・知識としてインプット出来た瞬間だったのです


その日から約5年、今こうしてそのシャフトと共にゴルフ工房を営んでいることをありがたく思っております
ちょっと格好つけた言い方ですが
「ゴルフクラブの声が聞こえた」
のも何かの運命だと思いますので、その声に耳を傾けながらクラブ創りに力を注ぎこんでいきま~す


ウチのお店 S&E sports(エス アンド イー スポーツ)は練習場の中にあります
そのおかげで一般の方のスウィングを見る、アドバイスする、(実験モルモットになってもらう)機会には事欠きません
その中である基準というのが出来つつあります
確かに明確な法則とはいきませんが、様々なタイプの方が多くいるなかで、特に偏ることなく打ってもらったという実験結果ですけれども、その数を考えるとあながち間違っていないのではないかと思います

004.jpg


それはクラブの振動数
ある振動数を境に変化が出るというものです
クラブ振動数、少し聞き慣れない項目かもしれませんが
この入り乱れたゴルフ情報の錯乱に対応するには
これに注目していく必要をひしひしと感じます

005.jpg

category: ごあいさつ

tag: シャフト  クラブ振動数 

[]

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。